読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

中学入試関連

ブラックバイトと塾講師

仕事がとても忙しくなってブログを書く時間すら取れないという状況でありまして,6月に入って1本目の投稿になります。早く炎上案件を片づけて,日常に復帰したいものです…。 さて,ブログは書いていないけれどもはてブは毎日チェックしておりまして,いろい…

シリーズ中学受験③「先生,勉強したら何かもらえますか?」

週一ぐらいの緩い企画のはずがまさかの連投をお許しください。というのもなぜ連投かと言うと以下の記事を読んだからです。 勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう! | ぐんぐん伸びる子は何が違うのか? | 東洋経済オンライン 勉強しない子には「1冊の手帳」…

シリーズ中学受験②「受験は親のためにあるのではありません」

「娘には私のようになってほしくはありません」 塾というのは親と面談をする機会があって,その時間は勉強のことだけではなくて,人生相談みたいになることがあります。「そんなこと言われても…」と思うことも多いのですが,先ほどの発言は専業主婦のお母さ…

シリーズ中学受験①「やる気はあるけど体が動かない」と言われた日

「やる気はあるんですけど体が動かないんです」 ある小学生の男子が言った言葉です。これは親御さんが家で息子が勉強しないということで,三者面談した時に本人の口から出てきた言葉です。親御さんにはとてもやる気があるようには見えないわけですが,第1志…

中学受験ってどうなの?という話

以前,こんな記事を見つけまして,中学受験塾で教えている身としては何か書かないといけないと思って,「ブログで書きます」というブコメしたところ,ツイッターでなないお(id:nanaio)さんから以下のような反応をいただいたので,忘れないうちに簡単ではあり…

「子どもに本を選ばせてはダメ」なわけがないよね

以下の記事を読んで,タイトルが内容あっていなくてびっくりしたので,そのご報告と,本に関して塾で小学生に教えており,また3歳児を育てている経験から学んだことを書きたいと思います。 “子どもを本好きにしたいなら、選ばせてはダメ!”「本好きな子」を…

小学生恋愛事情

中学受験の塾で教えていると小学生の恋愛事情がとてもよく分かります。時に「○○が好き」とか「○○に告白した」など報告してくれる人もいて,最近の小学生は違うなあと思いますね。 私達の時には手紙が回っているなんてことがよくあって,それを先生に発見され…

親の役割と中学受験を考える~共働きの塾選び

以下の記事を読みました。タイトルから分かる通り共働きのお母さんの話です。確かに専業主婦だから共働きだからと親の働き方が受験に影響を与えるというのはあるかもしれません。しかし,こうした違いは適切に塾を選べば乗り越えることは可能だと私は考えま…

小学校の算数と中学校の数学の違いについて

以下のまとめ記事を読みました。小学校時代に天才的に勉強ができるのに中学から勉強ができなくなるのはなぜかという話です。 小学校時代には天才的に成績がいいけれど、そのためにかえって中学二年くらいからつらくなるパターン - Togetterまとめ 今回のまと…

不利な家庭環境でも学力が高い子供を育てるのは家庭だけの役割か?

以下の記事では,親の年収と学歴に関係があるという前提のもと,それを克服すべく家庭がすべきことを紹介していました。 不利な家庭環境でも学力が高い子供を育てるには?親がすべき6つのこと しかしこちらで紹介されているものは国立教育政策研究所が発表し…

「ベスト」な方法などないという意識が必要

Ichiro Wada (id:yumejitsugen1) さんの以下の記事を読みました。確かにやった気になるというのは大変な問題があるわけですが,それに自分で気づくというのは難しいのです。 「とことんやってもいないのにやった気になっている病」にかかっていませんか? - …

誰が算数・理科好きになるのかは誰にもわからない

ちきりんさんの以下の記事読みました。学校教育の内容についての批判です。私自身もその教育内容に関して「こんなことが必要では?」と思うものもありますが,それは現在の私の視点であり,結果論であると思うのです。また賛否両論があるのは当然でしょう。 …

中学入試スタート~入試応援について

今日2月1日から中学入試がスタートしました。中学入試に携わっている人間はまず入試が行われる学校へ行って入試応援をします。ほとんどの塾がそうしていると思いますが,もしかしたらそういうことはしない塾もあるのかもしれません(以前,ある塾はバイトの人…

中学受験1週間前で思い出すあの子の言葉

いろいよ来週は2月1日。中学入試が始まります。緊張しているお子さんも多いことでしょうが,あと一週間は体調管理に気をつけて,万全の体調で2月1日を迎えてほしいものです。 さて,私が中学受験の指導を始めてもう10年以上になります。今までいろいろな生徒…

なぜ嘘をつくか~小学生を教えて分かった5つの原因

「昔はこんなに点数ごまかす子がいなかったのに」 あるベテラン先生の言葉。昔というのは20年ぐらい前なのかな。確かに様々な嘘や誤魔化しがあるわけですが、その先生が言うには、親が過剰に子供の勉強に関わり出してからそうなったとのこと。真偽のほどは分…

「このジョーク、説明して」〜読解力を測定する方法

次のような記事を見つけました。勉強的な頭の良さとユーモア的な頭の良さは違うというもの。 よく面白い人は頭がいいというけれど、じゃあ頭がいい人は面白いかというと、そうでもない。なぜだろうか。それは、面白さというのは無限の解の一つに過ぎないから…

大学に人物の可能性なんて分かりません

最近,大学入試が人物重視で行うべきだという話が出ていて,「なんでそうなっているんだ?」と思っているわけです。入試というのはその大学の入口で,その後,その大学で学んでいくための訂正を測るために行われるんですよねえ?人物重視でテストして学問の…

御冗談を「今でしょ!」先生~字と頭の良さについて

字が汚いと頭が良い? 「今でしょ」でブレイクした林修先生が頭の良さと字の汚さに相関関係があると言っているようで,これって本当ですか?私はそうは思わないけど。 「灘高校の連中はホント字が汚いでしょ。この子が典型で、ボク『灘文字』って呼んでいる…

子供に自己管理をさせたいなら放っておけ

「子供が自主的に勉強する」,「自分で学習計画を立てる」というのは理想ですよね。実際に私もそのような生徒に教えたことがありますが,これは塾のやり方と親の関わり方によって実現が可能です。 大切なことは親や先生が手を出さないで放っておくことです。…

厳しい教師と体罰教師は違うよね

ウォールストリートジャーナルで厳しい教師が評価するという記事がありました。体罰の問題が世間を騒がしている時に,こういう記事が出ると体罰を容認するかのように受け取られるかもしれませんが,厳しい教師と体罰教師は明確に分けるべきでしょう。 厳しい…

生徒に変わって欲しいなら授業を変えるべき

勉強しない生徒に対して「この子を変えなければ」と思って,その個人にいろいろなことをしてもダメです。特に小学生は親に言われたから勉強しているという生徒も多く,怒っても居残りさせても意識改革などできないからです。 そこで重要なのは授業そのものを…

焦る親、追い込まれる子供

入試が近づいてくると親の方が焦ってしまい、志望校をいじり始め、子供が混乱するというケースがあります。子供の気持ちを無視して志望校を決定してしまうこともあります。 その原因は過去問でしょう。この時期に過去問をやっても点数は取れないのですが、志…

塾って必要ですか?

塾って必要なんでしょうか?次のようなまとめを見たので塾についての考えを書いてみたいと思います。 【高校受験】子供に塾は必要なのか?【大学受験】 塾に行くと成績が上がるとは必ずしも言えません。勉強しなければ塾に行っても成績は変わらないでしょう…

子供のことを決めつけないで

あるお母さんが「うちの子には好きな教科をやらせないで、記述書くまで国語やらせるのは無理。やる気なくすだけ」と言っていました。確かにそういうこともあるかもしれませんが、実際にはその子はものすごいやる気を出して授業に取り組んでいました。 以外と…

夏期講習終了で今後の勉強は?

夏期講習が終了しましたが、皆様どうだったでしょうか?夏期講習はとても重要ですが、それだけで課題が克服できるということはないでしょう。これからは演習を通して苦手を克服せねばなりません。 通常授業も演習モードになりますが、過去問が始まるので家庭…

算数嫌いってどうすればいい?

女子に多いのですが、算数嫌いというのがあります。とにかく嫌い。だからやらない。このスパイラルにはまるとなかなか抜け出せません。 こういう状況から脱出すべく、私はそこで手を動かすこと奨励し、プロセスを評価しています。小学生の算数の簡単な問題は…

夏期講習の後半開始

いよいよ夏期講習の後半が始まりました。前期と後期の休みの間、どれだけ勉強したかの差が早くも出ていました。 その差ですが、決して成績ではありません。取り組む姿勢です。残念ながら前半の始まりの時と同じ生徒もいました。何とか立て直したいものです。…

受験で成功するために「合格体験記」を利用しろ〜東洋経済オンラインより

夏期講習が始まっているかと思いますが,東洋経済の記事に合格体験記を利用して合格を勝ち取ろうという記事があったので紹介します。カーナビとして利用するということです。 「合格体験記」でゴールへの最短ルートを探れ 引用 では、「夏休みの計画」や「お…

夏期講習スタート

夏期講習がスタートしました。6年生にとっては勝負の夏ですね。ここで注意すべきことは毎日計画的に勉強することです。 学力は一日ではつきません。毎日計画的に勉強することが必要です。長期休みは苦手科目を克服すべきと,苦手科目に走りがちですが,それ…

女性の方が倫理的って本当か?〜CNNより

女性の方が仕事面で倫理面で妥協することについて消極的であるという研究結果が発表されました。ただこれがどこまで実際の仕事に反映されているのか分かりません。 女性のほうが倫理的? 性差が及ぼす仕事への影響は 引用 仕事における男女間の倫理観の差に…

自分の子どもの勉強を見るということ

子どもを勉強をみて,「なんでこんなにできないんだ」という感想はよく聞きます。特に受験が近付いてきて突然父親が勉強を見た時に感じるようです。次の記事はそんな状況が描かれています。 仕事優先で子育てを放棄しては課長失格 人を育てるコツは部下も子…

成績が上がらない根本的な原因は?

最近思うのは成績が上がらない理由って実はとてもシンプルで、それを直せばがらっとできるようになるのではないかということです。 例えばいい加減な勉強をやめる。これが出来れば成績は間違いなく上がるでしょう。でも、シンプルな原因であればあるほど変え…

話を聞かせる技術

「あいつは説明を全く聞いてない。だからできるようにならない」 よく聞く言葉です。話を聞かないのは先生が悪いのか、生徒が悪いのか。当然先生です。なぜなら先生はお金をもらって生徒を教えているからです(もし生徒が悪いなら入塾させるべきではありませ…

成績上がらずパニック

子供がパニックになったら?このブログでも何回か書いていますが,残念ながら中学受験は子供に相当な負担をかけます。そういうのがいじめになったり,カンニングになったりします。 ひどい場合は死にたいと言ったり,突如塾から逃げ出したりすることもありま…

河合塾が中高一貫校を創設すると聞いて

河合塾が中高一貫校の運営に参加するようです。2017年スタート。さあどうなるでしょうか。河合塾が中高一貫校設立へ、その思惑は? 引用 東京大学をはじめとする国内トップ大学を目指す教育では、他校との差別化が図れないと、国際社会で通用するグローバル…

教えすぎは要注意〜企業との共通点

勉強を教えすぎる弊害というのがあります。算数で一から十まで教えて「それって先生が解いてるだけじゃない?」という状況です。これは企業でも同じのようです。日本人は教えられすぎている 引用 ひるがえって日本の企業研修の現場。研修を行った後に、受講…

子供が勉強する気をなくすNG発言とは

子供への声かけはとても重要ですね。時にはそれによって子供がやる気をなくすこともあります。以下の記事でそれがまとめられていました。 これだけは禁句!子どもが「みるみる勉強する気をなくす」NG発言14個 引用 ■1:いつまで遊んでいるの!?■2:何しに学校…

エリート教育とお金の関係

日本の大学ではなく海外の大学を選ぶ。そんな生徒が増えているという話は前にしましたが,東洋経済にも同様の記事がありましたのでご紹介します。 エリート教育とおカネ引用 ゆとり教育に将来不安 「中高一貫校」人気の背景 ごく一握りのエリート予備軍は、…

この質問はダメ〜「式の意味が分かりません」

「この式の意味が分かりません」こんな質問を受けることがあります。でもこれは式の意味が分からないのではなく、問題の考え方が分からないから式が立てられず式の意味が分からないのです。そのため式の説明をしたところで算数の力がつきません。 そこでまず…

時間管理をしっかりしないと合格できない

宿題が終わらない子というのが必ずいます。そのほとんどが時間管理の甘さとスケジュールの立て方に問題があります。 例えば2時間苦手教科をやるという計画。できるわけがありません。苦手教科ですから集中力も続かず、実際の勉強時間は半分ぐらいです。 苦手…

やるのは小学生〜中学受験で忘れてはならないこと

「毎日計画的に勉強しろ」「いい加減な勉強するな」塾に行くとよく聞くフレーズです。もちろん私も使ってしまいます。このように勉強できることは理想ですし、実際にそのように勉強している子もいます。しかし大部分の子供はできていません。理由は簡単でや…

最上位生とも勝負するんだよ

神奈川では鎌女の2回目や共立の2回目、逗開2,3回目などは最上位生と勝負することになります。クラスが違うので、「あいつら本当によくできるよね」と上のクラスの人たちのことを思っていてはいけません。最上位生も君たちと同じ学校を受けるんだよ! ここら…

模範解答はあてにならない

国語の記述問題で模範解答を正解だと信じこんでいる生徒がいますが、実際には「こんなことまで分からないだろう」「こんなかっこよく書けるの?」という解答がよくあります。 そこで確かめなければいけないのは?設問の意図を誤っていないか、?文章から逸脱し…

もう志望校下げるの?

4月は頑張るぞという気持ちがあったのに成績が伸びないと、志望校変えた方が良いのではないかという話が出てきます。 一番行きたい学校をそんなに簡単に諦めて良いの?と思いますが、原因を探っていくとお母さんの意向が働いているようです。 志望校を変える…

模試の結果をどう考えるか〜all aboutより

模試ってどの塾でも毎月のようにあって,だんだんと受けるだけになっていきます。せっかく模試を受けているのですから,その結果から何かを学び取った方が良いと思います。以下のホームページで模試の考え方について紹介されています。 模擬試験の結果から読…

少人数学級だから学力が上がるとは限らない

少人数学級にすべきと前から言われていますが,必ずしも学力の向上に繋がらないようです。 少人数学級は学力向上につながるとは限らない - 慶応大が発表(マイナビニュース) 引用 今回の研究ではグラフで示されている関係を、厳密な統計手法を用いて検証が…

自分で考えるからできるようになるんだ

すぐに質問する子が結構います。もちろん分からなければ質問すべきですが、自分で考えないで質問する子もいます。 「答えが見つかりません」 これは質問ではありません。自分で探すんです。自分でやるからできるようになるんです。 「宿題の問題ができません…

計算ミスを減らす方法

計算ミスを減らす方法は以前にも書きましたが、計算ミスについて書かれているホームページがあったので紹介します。数学の点数をワンランク上げる「計算ミスを劇的に減らす7つの方法」 | 低料金個別指導の進学塾メイツ引用 途中式・計算過程をしっかり書く…

2013年中学入試分析〜四谷大塚編

四谷大塚の2013年入試分析がありましたので紹介します。 首都圏中学入試結果分析(四谷大塚) 引用 国公立大学、特にその中でも東京大学など超難関大学は入試で課される科目数も多く、また 2 次試験対策も行わねばならず、即席の付け焼刃で太刀打ちできるも…

私立中学の学費っていくらなの?

私立中学の学費っていくらでしょう?東京都の調査があるのでご報告いたします。 平成25年度 都内私立中学校の学費の状況この調査を見ると初年度は100万円ぐらいですね。それほど値上げもされていないようです。ただし値上げをしている学校もあります。引用 …