読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

漢字の書き順大丈夫?

漢字の書き順って難しいですよね。色々な書き順が正しい場合もあるようです。 意外に知らないけっこう間違いやすい漢字: 「必」の正しい書き順、知ってますか? 「右」や「左」の書き順の違いとか面白いけど複雑ですね。中学受験であまり出題されませんが、…

2013年中学入試総括(女子編)〜首都圏模試センターより

昨日に引き続き女子編です。 2013年入試結果から探る、2014年首都圏中学入試展望〜女子編〜 引用 全体として見ると、これら難度上位の学校は安定した入試レベルを保っており、むしろそれに続く、今後の実績の伸びが期待される中堅上位の進学校の難度が上昇傾…

2013年中学入試総括(男子編)〜首都圏模試センターより

首都圏模試センターの2013年入試結果分析が発表されました。まずは男子から。 2013年入試結果から探る、2014年首都圏中学入試展望〜男子編〜 引用 まず、最難関グループでは、開成がさらに1ポイント難化して76に。駒場東邦も1ポイント難化して、麻布と並…

「質問しなさい」では分からない

「質問しなさい」 こう言うとたくさん質問を持ってくる子がいます。でも白紙。「何も分からないの?」と聞くと「そんなことはない」と答えるわけです。そして図を書き出す。「書けるじゃん」というと、でも答えが出ないよと言います。 つまりこの子は答えが…

転塾で問題解決するの?

塾を代えるというのは非常に大変なもの。四谷大塚系の塾であれば、転塾もスムーズにいきますが、別物のカリキュラムの塾に行くのは大変。 なぜ塾を代えるかよく考えてみましょう。塾を代える最大の理由は成績不振ですよね。その原因が何なのか考えて見る必要…

「勉強してないんだからストレスないでしょ」〜追い詰められる子供たち

ある生徒がストレスが原因だと思われるチックを発症。その時のお母さんの言葉は 「全然勉強してないのにねえ」 でした。確かに親から見たら子供の勉強量は不十分かもしれません。 しかし子供たちは子供たちなりに頑張っているので、勉強量に関係なくストレス…

受験ストレスといじめ

物が無くなった! 落書きされた! 悪口書かれた! 今まで様々な問題が起こりました。これは受験のストレスによるものです。 大きく見えてもまだ小学生です。普段、いじめなどしない子でも、してしまうことがあります。そういうリスクが中学受験にはあります…

もう無理です〜お母さんがギブアップ

「成績上がらないからもう無理でしょ」 これはお母さんから出た言葉です。本人は頑張って勉強しているところでした。 結局お母さんが耐えられなかったんですね。 中学受験は合格か不合格かしかありませんので、それはとても不安です。でも受験するのは子供で…

「このままで受かるんでしょうか」〜不安は伝染する

「このままで受かるんでしょうか?」 受験が近づいてくるとよく聞く言葉です。こういう言葉を聞くと本人も不安になります。 不安は伝染するんです。これでは受かるものも受かりません。 最後に受験するのは本人です。家族は本人のサポート役に徹した方がうま…

再テストも困りもの

小テストは、だいたいの塾で合格点が決められ、それに達しない場合は再テストをしています。 しかし再テストも慣れてくると、毎回再テストを受けるような生徒も出てきます。 入試は1発勝負です。再テストなどありません。 再テストを前提にしていると本番も…

計算力と計算ミス

「計算ミスがなくなりません」 切実な問題です。ただこれを計算力の問題に結びつけてはいけない場合があります。 まずやり方が間違っている場合。 これは計算力の問題です(ただ計算ミスだと勘違いしている子供もいるので注意が必要です)。 次に途中で計算が…

子供が勉強する魔法の言葉?

次のような本が出ているようです。その紹介が以下のサイトでされています。子どもが言っても勉強しない! 言い方を変えたら、勉強をはじめたそのコトバとは? 引用 子どもを持つすべてのお父さんお母さんに耳寄りな方法です。「勉強しなさい」と言っても、子…

「やればできる」はみんな同じ

「あの子はやればできるのに」 よく耳にする言葉です。しかし勉強においては「やること」が難しい訳ですから、これはアドバイスにもなっていません。 しかもやればある程度出来るようになるのは当然です。 ということはどうやらせるかが問題になってくるわけ…

お受験パパ登場??

お受験パパが話題になっているようです。最近は塾の説明会にもお父さんの参加が多いですね。 しかし,そこには注意が必要です。 過熱する“お受験パパ” 能力主義の荒波にもまれた30−40代引用 「子供の成長には重要」と理解を示す識者がいる一方、「子供の…

「書けない」のではなく「書かない」のです〜国語記述問題編

中学入試の国語で「時間がないから答案が埋まらなかった」と言われることがあります。 それでは、と思い、時間を無制限にしても埋まらない。こういう場合は単に「書かない」という状態です。 そこで次に出てくるのは「分からないから書けない」です。しかし…

板書ってしっかり写してる?

板書を写すことにどれだけ意味があるのでしょう? 板書を写すのは頭を整理するためにするものなので、必ずしも必要というわけではありません(国語の場合は)。 もし先生が板書するならば、小学生の場合、板書を写す時間を別に取らねばなりません。そうしな…

「こんなのできなくてどうする!」〜怖くて塾に来られない子供

「こんなのできなくてどうする!」 よく塾で耳にする言葉です。こういうことを言われると塾に来られなくなる子もいます。そんな状態なので怖くても質問もできなくなり,成績もあがりません。 塾というのはできない子をできるようにするのが仕事ですから,こ…

「体が動きません」〜ある受験生の主張

「体が動きません」 これはある受験生の告白です。勉強はしなくてはいけないけど体が動かないという意味らしい。こういう場合,無理に勉強させても仕方がないので,うまくタイムスケジュールを組んであげる必要があります。 その際,得意な科目をうまく活用…

「全滅でも構いません」〜子供の将来を考えよう

「偏差値50以下は受けません」という方に「全滅でも構いません」という方がよくいます。 私は「受かっても行かない」は良いですが全滅は回避しましょうと言っています。 確かに「受かっても行かない学校を受けても仕方ないだろう」という理屈は理解できます…

受験における心技体

心技体という言葉、ご存知かと思いますが、受験にも心技体が必要だと話をしています。 ?心→やる気 ?技→受験テクニック ?体→健康?は本人次第。やる気は教えることできないよと伝えています。 ?は塾の役割。先生のいうことをよく聞こう。 ?は家族の協力が必要…

親からのプレッシャー〜カンニングに走る子供たち

「なぜカンニングなんてするんだ!」 こういう怒られ方をされた子供はとても多いと思う。しかし、重要なのはカンニングという結果ではなく原因。 本人たちに原因を聞いてみると 「お母さんに怒られるから」 という答えが多い。相当なプレッシャーが本人にか…

「偏差値50以下は受けない」の不思議

よくあるのですが「うちは偏差値50以下は受けません(進学させません)」 と言う方がいます。しかし偏差値50というのは模試によって違うので、それが学校選択の基準になっているのがよく分かりません。 さらに偏差値そのものも変動します(在学中に偏差値が下が…

「私はその学校に行きたかったわけじゃない」〜受験後の告白

ある受験生の受験が終わった後に,その家族と会った時のことです。第1志望校は女子御三家でしたが,不合格。第二志望校に進学することになりました。 そして,その時の一言。 「私はその学校(第1志望校)に行きたかったわけじゃない」 どうやら保護者の方が盛…

その子に合う中学,合わない中学〜転校生の話を聞いて

私が教えていた生徒で偏差値65以上の女子中に受かったのですが,途中で辞めて全寮制の偏差値50以下の学校へ転向した生徒がいます。 その理由は自分がどんなにがんばっても上の方にいられないから。 その子はそれなりに勉強ができたので,塾では常に上位にい…

図形のセンス〜立体感覚を身につける

最近子育てをしながら,また,小学生に算数を教えながら,「立体感覚はどのように身に着くのだろうか?」と考えています。我が家の1歳6カ月の息子はまだ平面感覚も覚束ないようです。 立体と平面の関係については ?立体を平面で捉える→投影図 ?平面を立体…

あなたの塾は大丈夫?進む業界再編と淘汰

少し古い記事ですが、今も流れは変わっていないように思います。 大手が“勝ち組”“負け組”に二極分化 市場縮小で加速する業界再編と淘汰(週刊ダイヤモンド) 引用 淘汰・再編が学習塾業界より早く進んだ予備校が、いち早く垂直統合に動いたのも「小学生、中学…

模試の直ししてないの?

模試の直しって重要なんだけど疎かにされがち。 特に6年になると日曜日も塾になって勉強する時間が足りなくなる。 でも6年こそ模試直しをしっかりして弱点補強しないとね。国語に関して言えば「なぜ自分がその答えを選んだのか」を書かせること。 ただ答えを…

「いつになったら勉強する気になりますか?」

塾でよく聞かれる質問で 「うちの子は自分から勉強しないんです。いつになったら勉強する気になるんでしょう?」 というのがあります。これに関しては個人差がありますが,自分の目的意識がはっきりしていなければ,勉強する気にはなりませんね。なぜなら必…

結果で褒めない、努力で褒める

塾というのは結果がすべてなので、「結果で褒めない、努力で褒める」というのは難しいですが、できうる限りそうしています。 結果ばかり追うと間違っていても○にする、カンニングなど様々な弊害があります。 努力を褒めると頑張るようになります。結果、勉強…

教えたらダメ

塾の先生の一番難しいところって、どこまで教えないでいられるかだと思う。 塾の先生になるくらいなので、基本的には教えることが好き。 だから生徒が答えを出すまで待てない。 「だからこれはこうなってこうなるだろ」 それって先生が解いてるだけ。生徒は…

なぜ中学受験するの?

中学受験をするのにはさまざまな理由があると思います。次のサイトでそれらがまとめてあります。また、中学受験を終えての感想もあります。なぜ中学受験(なんか)するの?引用 実は、私も夫も娘も、第一志望の学校に入学したわけではありません。第二志望だ…

どうすれば逆転合格できる?

中学入試で「偏差値を越えた合格」と言われることがあります。 これは模試で取った偏差値よりも実際に受かった学校の偏差値が高かった場合に使います。 いくつか考えられる理由をあげたいと思います。 ?他の子より勉強した。 ?入試問題がその子にあっている…

小6の娘から「お母さん、仕事辞めて」 働く母親のジレンマ(AERAより)

中学受験の塾は高校受験の塾とは比べ物にならないくらいお金がかかります。 1人ならまだしも2人、3人と受験したとしたら…。共働きになるのは当然ですね。 小6の娘から「お母さん、仕事辞めて」 働く母親のジレンマ引用 「お母さん、仕事辞めてくれない?」 …

「こんなことで負けない」 ある受験生の宣言

中学受験に関わって今まで思いで残ったことの中で上位に来るのが、「こんなことで負けない」という言葉です。これはある受験生が2月1日〜4日まで全滅で2月5日の受験を前に言った言葉です。 お母さんも連敗続きで不安になったようで、「大丈夫?」と声をかけ…

「私の失敗です」 ある保護者の告白

ある塾でバイトをしていた時のことです。その塾は本人の自主性を重視し、無理しない勉強で行ける学校を受験しようというものでした。 そういう塾ですので、厳しい雰囲気ではないのですが、受験業界では異色です。そこに通っている親御さんで、お姉さんは違う…

新設校には注意!

新設校というのは実績がまだ出ていないので、そこに進学するのは賭けみたいなものです。特に、最近は公立の中高一貫校が人気です。塾業界でもそれにターゲットを絞ったコースを作っているところもあります。公立の場合、学費も安いですし、魅力ですね。ただ…

男子御三家の今後

次のような記事を見つけて、偏差値上はそうだなあと思った。もはや御三家にあらず?どうする武蔵! 武蔵高等学校 梶取弘昌校長に聞く ――中学受験業界からは「武蔵は御三家ではなくなった」とシビアな意見もありますが、いかがでしょうか。その話は耳にします…

中学受験 辞書ひき学習の必要性とは

中学受験で重要なのは自分のことは自分で管理するということです。もちろんそこには勉強も入ります。分からないことは自分で調べる。簡単なようでなかなかできません。塾の先生に聞いて分かった気になって終わりということもよくあります。それでは上位校の…

採点は先生がするんだよ

国語の漢字テストの採点をしていると、こんなに汚い字で入試本番も書くの?と思うことが多々あります。バツにすると「ええー、いいじゃん。ハネてるじゃん!」 とか言ってきますwでも、入試本番でこれやったらバツなんだよと説明し続けると渋々納得します。…

親の関わり方

受験に対する親の関わり方って難しいですね。最上位校以外は家庭でしっかり勉強させれば合格すると思います。しかし、最上位校はそうはいきません。今まで最上位校に受かってきた生徒は自分で自分のことを管理できる生徒。これは小学生では難しいんです。宿…

中学入試雑感

中学入試が終わっていくつかの塾の合格者数を見ていると男子の最上位校合格者はサピックスに通っている人が多そうですね。女子はいろいろな塾に通っている模様。実際,女子の場合,まじめに課題をこなしていけばどこの塾でも最上位に受かりそうに思います。…

間違っても○にしてしまう気持ち

中学受験の勉強を教えていると間違っているのに消しゴムで消して直して○にしてしまう生徒がいます。おそらく相当のプレッシャーがかかっているのでしょう。受験生になればなおさらです。わたしはそんな子供には間違ってもいいんだということを丁寧に教えます…

今年度の目標

昨年度はみんな非常に頑張って偏差値以上の学校に合格しました。ただ、私自身としてはもっと良い学校に行かせることができたのではないかと感じる生徒が何名かいます。今年は全員合格はもちろんのこと、全員第1志望校に合格できるように頑張りたいと思います…

受験が終わってどうですか?

みなさん、受験が終了してどうですか?わたしが教えていた生徒は全員合格しました。残念ながら全員が第1志望というわけにはいきませんでしたが、みんな納得の中学受験でした。1年を振り返って思ったことは「絶対にこの学校に受かってやる」という意気込みの…

3か月を切りました

いよいよ中学入試本番まで3カ月を切りました。インフルエンザも流行っていますが、みなさんは大丈夫ですか?例年、この時期は緊張感が増してきます。私が教えているクラスも第1志望に届きそうな人、微妙な人などさまざまいます。とにかくこの時期は自分を信…

あと3カ月と少しで何ができるか

いよいよあと3か月ちょっとで中学受験です。塾の講師としては緊張感が高まっています。国語に関しては順調にいっている生徒といっていない生徒がいます。どちらも最終的には受験できるレベルにしなければいけません。残り3カ月は通常、理社に時間をかけるも…

毎日どれくらい勉強しているの?

中学受験で合格するためにはどれくらい勉強しなければならないのか、他の塾の生徒がどれくらい勉強しているのか気になるところです。私が教えているところでは、夏期講習中、朝9時から夜の9時まで勉強しています。学校がある日は6時間ぐらい勉強していま…

怖いと厳しいは同じ?

最近、「厳しく指導してください」という親と「先生が怖い」と言う親が混在しています。前者の場合は厳しく指導して勉強させてほしいという意見で、後者は勉強は楽しくやらせてほしいという意見です。私はこれらを両立させることは可能だと思っています。何…

夏期講習はどうですか?

みなさん、夏期講習はいかがですか?今はおそらく中休みでしょう。もしかしたら合宿に行っている子もいるかもしれません。私のクラスの前半戦は自分としてはうまく行きました。ただ、2月からの頑張りが差となってあらわれているように思われます。特に国語と…

テクニックだけでは受からない

国語にも問題を解くためのテクニックがあります。もちろん受験生にそれを教えていますが、それだけでは偏差値があがりません。偏差値をあげるためには読解力を上げなければなりません。本当は5年生の時にしっかりやっておかなければなりませんが、やっていな…