読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

研究

「学歴ロンダリング」で犯罪増?

久しぶりにとんでもない記事を読んでしまいました。本当にひどくてびっくりしました。 国立大学の博士が起こす事件の裏に入試制度あり! 学部と大学院の入試で起きている逆転現象、学歴ロンダリングとアベノミクス・・・ | JBpress(日本ビジネスプレス)jbpre…

「高学歴」「独身」「40代」「非常勤」

私は単位取得退学で博士課程を退学していまして、学位としては修士号になるわけですが、世間一般ではこういうのを「高学歴」というんでしょうか。でも次の場合はどうでしょう。私の友達は三兄弟なんですが、その学歴は以下のようになっています。 兄(一橋大…

知への尊敬~古典を読む意味

以下のぜろすけ (id:zeromoon0)さんの記事を読みました。ぜろすけ (id:zeromoon0)さんの場合,古典を読むことで「未知の言語に対する姿勢」が一番身についた能力としています。 古典を勉強する意義とその他いろいろな話 - 無要の葉 古典を勉強する意義とその…

敗戦は否認されている~「永続敗戦論」を読んで

衆議院が解散され,今月の14日に選挙が予定されているますが,事前の予想では自民党の圧勝のようです。選挙というのは終わってみなければ分かりませんが,このまま行けば自公政権がしばらく続きそうです。 さて,自民党でありますが,ご存知の通り総裁は安…

皆それぞれ辛いことがありながらも生きているという話

朝日新聞の文芸時評に以下のような記事が書かれていた。最近の文学の流れだそうだ。 それにしても、高学歴者や高学歴を目指して挫折し煩悶(はんもん)する者の出てくる小説が、新人の作に目立つ。京大中退者、学者、大学院浪人生。書き手の世代的経験と関係…

丸山眞男と被爆体験〜当事者意識を表現することの難しさ

丸山眞男生誕百年ということで現代思想が特集号を出しています。私は吉本よりも丸山の方が好きで、これぞエリートだなと思っていたわけですが、そんなことを全共闘世代の人に言った時にはかなりの批判の眼差しが向けられたわけです。正にそうしたらエリート…

はてなブックマークとブログについて考えたことを書く

以下のドボン会 会長 (id:dobonkai)の記事を読みました。言葉のみによるコミュニケーションの難しさというのはいろいろなところで言われていますね。「それは誤解だ」「いやお前の書き方がおかしい」というやり取りも多くのところで見られます。 言葉の不完…

大学院に行くかどうか迷ったら行かない方がいい

以下の「大学院に行く前に聞いておきたかった7つのこと」を読んだ。以下の7点がそこで論じられているのだか,ここには「大学院に行く前に聞いていれば進学しなかったのに」というものと,「大学院でこういうことを実践しておけば良かった」の二つが混在して…

なぜ非常勤の待遇が悪いと分かっているのにそれまでに手を打たなかったのか

以下の記事を読みました。私自身も研究に従事しているので,非常勤で生活することの困難さも理解できるし,奨学金の返済地獄に陥っている人も知っています。ただしそれは事前に分かっていたことです。大学院の博士課程に進学するときに「研究者として生きて…

「研究は暇つぶし」って普通の研究者は暇がないよね

相変わらずの上野節が炸裂しております。今回は東大生からの質問に答えるという形で行われていますが,結局のところ相手の質問は関係なく持論が展開されているという印象です。例えば以下の部分。 男子学生Eさん(以下、E):大学院生です。今年から1年間…

集団的自衛権の問題を考えるために~吉田茂の回想十年より

集団的自衛権の行使を解釈改憲をすることによって可能にしようと安倍政権は考えており,最近会見まで開いて理解を求めています。なぜ集団的自衛権の行使をしなければならないのか,安倍総理は以下のように述べています。 一緒に平和構築のために汗を流してい…

私が体験したインドという国

以下の赤旗の記事を読んで「こういうことも確かにあるのだろう」と思ってしまった。 最初に発言したのは2億人弱の人口を擁するウッタルプラデシュ州の州与党、社会主義党(SP)のムラヤム・シン議長。同氏は10日、同州内の遊説先で、性的暴行事件の被告…

ブログ,研究そして人生

こちらのブログ上でのやり取り,興味深く読ませていただきました。ブログを何のために書くのか,それは人それぞれですが,私の場合はどうなのかというのを改めてまとめてみたくなるやり取りでした。 ブログについて悩んでいるイチローさんに伝えたい、10の提…

いつからオヤジか?

「ほんとにオヤジって嫌だな」という言葉,一度は言ったことがあるかと思います。今でも私は「このオヤジ」と思ってしまうわけですが,「ちょっと待てよ。俺もオヤジじゃないの?」と思ってしまう今日この頃です。 いやいや年齢ではなく,結婚したらオヤジ,…

博士課程に進学しても無職みたいなもので

次の記事を読みました。大学院博士課程(以下,大学院生は博士課程の学生を指します)に通っていると「勉強している」とは言うものの実態は無職です。それで以下の話はそのような立場からもとてもよく分かるものでした。ポイントを次のようにまとめさせてえも…

「もう勉強やめたら」と言われる日

今回はちょっと研究の話。研究の話と言っても研究の中身ではなく,研究者が研究者として生きていくことの生きづらさについてです。以下のエントリー読んで,その博士課程に進学した人の苦労が目に見えるようなので…。 再々:ポスドクや博士課程の就職の話を…

研究を続けるということ~もはや病気だね

以下のブログを読みました。修士課程在籍生が研究への情熱をなくしたと言っているのですが,これは博士課程に進学する前に気づいて良かったねとむしろ肯定的にとらえるべきです。なぜなら彼は以下のようなことを書いているからです。もちろん,彼は理系,私…

人生を諦めるということ~ある先輩との別れ

今回は子育てとは関係ありませんので、それを期待されている方はそっとページを閉じて下さい。 「これだっけやって結果が出ないんだから諦めて別のことやりなさい。諦める勇気も必要」 こういうアドバイスって誰でも一回はされたことがあると思う。こういう…

博士課程進学者を馬鹿にするな!!

以下のブログを読んで,これって私の知っている博士課程の現実と違うぞと思ったので,今回は博士課程について書いてみようと思います。これはあくまでも経験談でありますので,理系の現実は分かりませんが,この方が書いているような博士課程進学者がどれほ…

日本の大学生は勉強しないは本当か?

日本大学生は予習復習のために費やす時間が1日平均39分だそうです。アメリカの大学生は日本の大学生とは比べ物にならないくらい勉強しているという記事。よく見ますよね、こういうの。 日本の大学生はなぜ勉強しないのか 引用 私は米国の大学(University Wa…