読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「保育園落ちた死ね」の政治利用について

f:id:gerge0725:20150731103136j:plain

増田国会デビューに湧いていた方もいるかと思いますが,以下の記事,結構反響がありましたね。待機児童の問題は子育て世帯だけの問題,さらにその中でも都会だけの問題ではあるのですが,注目されると一気に噴き上がるのが今の世の中です。

 

anond.hatelabo.jp

 

国会でこの問題が取り上げられたのですが,本論には一切入らずに場外乱闘になっているというのがこの国の現状でしょう。代表的なのが「ほんとに書いたやついるのかよ」「誰だよ,そんなこと言っているのは」という意見ですね。そして「死ね」と兵とスピーチの関係まで言っているとか。もはや訳が分かりません。

 

ブログについては、2月29日の衆院予算委員会民主党議員が取り上げた際、安倍首相は「実際に起こっているのか確認しようがない」と答弁。平沢氏ら与党議員も「(ブログを書いた)本人を確認したのか」などとヤジを飛ばした。 

 「保育園落ちた」ブログ、平沢議員「表現には違和感」 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

それに反応したのか「書いたのは私だ」「私たちも保育園に落ちたぞ」と続々と反応がでてくるわけです。まあ,これは当然で,私の周囲でも第1子はほとんご認可保育園に入れません。

「生活がかかっていた」…。ブログに書き込んだ東京都内の30代の女性は、当時の心境をこう振り返っている。

 発端となったブログには「日本死ね!」というフレーズを筆頭に、強い怒りと憤りの感情が前面に押し出された言葉が並んだ。「何が少子化だよクソ」「ふざけんな日本」「私活躍出来ねーじゃねーか」-。これに対し、ツイッター上では「母親のくせに言葉が悪い」「言葉は選ぶべきだ」といった反応も多く寄せられた。中には、「このような言動をしてるから(保育所に)落とされた」などの批判もあった。

 こうした“つぶやき”に対して、女性は今、「あの書き方では、そう言いたくなるのは仕方がない」と受け止めている。保育所の不承諾通知を受け取ったあと、感情の赴くままにわずか数分で書き上げた文章で「大勢の人に見られるということを意識していなかった」背景があるからだ。ブログが国会の場でも取り上げられる事態になり、「たまに知り合いにこの話をされると、どきっとしてしまう。正直、反応の大きさに驚いている」。今も、周囲には自分が書いた文章だということは打ち明けていないという。

保育園落ちたブログ 「日本死ね!」とつぶやいた女性が現在の心境を明かす 「正直、反応の大きさに驚いている」とまどいも… (産経新聞) - Yahoo!ニュース

「あまりにくだらなく腹立たしい。実名の血判状でもなければ、国民の声は聞かないということですか」(和歌山県・50才会社員)

「匿名だろうが、保育園が足りず困っているママがいることは、子育てする女性の声を少しでも聞けばわかるはず。ヤジを飛ばす議員が国民の代表気取りで税金を使うことに腹が立つ」(東京都・42才パート)

民主・山尾志桜里氏 保育園署名25000人の声を届けたい (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

 

そして国会前集合まで発展しております。

 「今回の国会前スタンディングは、お互いに知らない者がたくさん集まりました。極めてソーシャルメディア的な流れだと思います。最初のブログを書いた人、ハッシュタグで署名を集め始めた人、プラカードのデザインをした人、そしてスタンディングを呼びかけた人、すべてが別の人で、それぞれの思いのまま行ったこと。それがたった2週間で国会で議論されることになったのは、多くの人が強く願っていることが等しく同じだったということ」

 民主・山尾志桜里氏 保育園署名25000人の声を届けたい (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

 

こうした問題は政治家自身が良く理解していないわけですが,まず最初にこういう発言が来るわけですね。

 

出たな,3歳児神話。こういう考えの人たちが多くいればこれは待機児童問題の解決など先に進むわけもないわけです。それで保育園をつくる以外の解決策としては以下のことをかの橋本聖子議員が言っているわけですが,これ,本当に予算つける気があるなら良いんですけどないでしょ?だってあれだけ子供手当に反対したし,女性活用と逆行しますよね。

 

  二.家庭教育について

(一)家庭教育に関する基本方針について
次に、家庭教育について伺います。私はまず、「子育ては苦労するものだ」ということを申し上げたいと思います。苦労しなければ、親として育ちません。苦労して子どもを育てることで、親としての喜びも生まれ、親子の絆も生まれます。
多くの教育評論家は、親子の絆が薄い子どもほど、いじめなどの問題が早く起こると言っています。子育てに苦労がなければ、親が育たず、子どもの心も育たないため、いじめなどの問題が起きやすくなるのです。
子育てで頑張っているお母さん、苦労しているお母さんに対して、子どもを預かって直接苦労を取り除くという形ではなく、一歩引いた所から支えてあげるという支援が必要です。もし何かあった時には助けてくれるという安心感を与えてあげるのが、行政に求められる役割だと思います。
総理の家庭教育に関する基本的な考え方はいかがでしょうか。また、苦労しながら子育てしているお母さんを、政府としてどのように支援していくお考えでしょうか。お聞かせ下さい。

(二)幼児教育の無償化について
これだけ少子化が進んでいる中で、毎年保育所を造り続けているのに、いつまでも待機児童はゼロになりません。もっと保育所を増やすべきだという意見もあります。
しかし、0歳から2歳までは、親子の時間をできるだけ多く取れるよう、家庭での子育てを支援し、3歳以上は、無償での幼児教育を提供する。これを、家庭教育・幼児教育の基本的なビジョンとすべきだと私は考えます。
幼児教育の無償化は、我が党の公約でもあり、昨日、中曽根議員会長も質問されました。財政的な問題から、すぐに完全な無償化は難しいのは確かです。それでも、まずは第3子から

(元リンクが削除されているので以前の私の記事から)

 意識改革よりも制度改革が先~フランスの子育て事情に思う - いつか朝日が昇るまで

 

こうした問題は政治化していくとどんどん脇道にそれていきます。例えばこういう問題。これ,完全に政治利用だよなと思うわけです。

 「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログに関連し、共産党吉良佳子参院議員がツイッターに「わが家にも認可保育園に入れないとの通知が区から届きました」と書き込み、国会周辺で抗議行動にも参加した。与党内からは「収入面から入園が極めて困難なことを分かりながら申請したのではないか」(自民党幹部)といぶかる声が出ている。

 「保育園落ちた」ブログに共産便乗? 吉良氏「認可園落ちた」ツイッター書き込み 「危機感持って」と反論も:イザ!

 

保育園を作ってほしいというのは切実な願いが存在しているの確かなのですが,行政の側も何もしていないというわけではないですよね。特に地方自治体は切実です。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

 保育士不足,土地不足などさまざまあるわけですが,こうした状況では私たち利用者も保育料の見直しも含めて考えるべきことがたくさんあるのかもしれません。例えば以下の千葉市長のツイートはそれを指摘しています。

 

行政の財政の問題もあるのですが,我々が働くために子供を預かってくれる保育士の給料が異常に低く,過酷な労働であるという状況下で「保育園を作れ」というのも無責任なのだと思います。こうした問題を自分たちの生活の問題としてだけでなく,保育士の問題や地方自治体の問題とつなげる考えをもたないと,子育てが終わった時に「保育園はもう良いから他のサービスに税金を使ってほしい」と言いかねません。

 

そうした中で払えるものは払っていくので,「保育園落ちた日本死ね!」と思う人が少しでも減っていけばいいかと思います。あと,政治利用でこの問題を消費するのは止めてくださいね。

 

 

保育園に入りたい! 2016年版(日経BPムック) (日経BPムック 日経DUALの本)

保育園に入りたい! 2016年版(日経BPムック) (日経BPムック 日経DUALの本)

 
はじめての保育園: 保活から園生活まですべてがわかる

はじめての保育園: 保活から園生活まですべてがわかる