いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

何がやりたいことなのか悩んだ時に考えること

f:id:gerge0725:20140911091621j:plain

以下のはせ おやさい (id:hase0831)さんの記事を読みました。人間は何かをするときにネガティブな思考に陥ることはよくありますよね。また最初は「頑張ろう」と思っていても「これではダメではないか」とどんどんネガティブな思考が増大していくこともあります。それでは楽しくないのだからそういう思考回路を捨て去り,楽しく生きようと言うわけです。

そんなふうにネガティブな妄想でいっぱいになるとぜんぜん楽しくないし、他人にもその緊張が伝わって、いい関係が築けない。

だからなるべくリラックスして、軽やかに生きるために、できるだけ楽しいことを身の回りに集めるべきなんだよ!だからあんたも軽やかに生きろ、そして翔べ!という感じでハッパをかけられ、その日のおしゃべりは終わったのでした。


執着を捨てる。良いできごとにだけ目を向ける。 - インターネットの備忘録

 

私は大学時代に読んだ本の中に以下のような言葉がありました(正確な引用ではありません)。

 

「やりたいことが見つからないなら,あなたが一番元気になることをやりなさい」

 

これは以下の本に書いてあったのですが,正確な言葉は忘れてしまいました。ただこうした内容であったのは確かで,とても感動したのを覚えています。後に大学院でこの筆者に会った時は感動しました。本人は言えませんでしたが…(1冊目を読んでいたのですが,今はもう売っていないようです。2冊目でも載っているかもしれませんが,未読です)。

 

自分と世界をつなぐ哲学の練習問題

自分と世界をつなぐ哲学の練習問題

 

  

哲学の練習問題 (河出文庫)

哲学の練習問題 (河出文庫)

 

 

これってとてもシンプルな考え方なんですが,何をしようか,何もすることがない,自分にはやりたいことがないと思った時に,「自分が一番元気なることをやろうよ」と考えるとやるべきことって見つかると思うんですよね。もちろんそれを続けていって生活できるかどうかという問題はあるのですが,少なくとも精神的に病むことはありませんし,それを続けるために生活費は別で稼ぐなんてやり方もあります。

 

それにいくらやりたいことでも,続けて行くと辛いこともあります。でも自分が元気になることなら辛いことも乗り越えることができます。また自分が元気になることは変わってもいいわけですから,本当に辛くて止めたければ別の元気になることをやれば良いんです。

 

私自身は自分のやりたいこと(研究)をやるために仕事は別の仕事をしようと思っていたのですが,なかなか難しいこともあって,自分のやりたいことをやる時間は減っています。それでもやりたいことをやっているという自覚していることで,元気になれるという部分はあるんですよね。それで最近では仕事の方も自分が元気になれるものをやろうと思っていて,仕事も研究もやりたいことになるという希望を抱いて頑張っているわけです。

 

こうしたことはそうそううまくいくものではないという自覚はあるのですが,毎日生きていて精神的に辛い状況よりは良いかなと思います。いくらお金のためといえども,元気にならないことを続けていくことは自分自身にも,周囲の人間にもよくありません。

 

ブログもそうで続けて行くことで元気なれるようにする。ブログを続けることが苦痛になったり,ブログを書くことで辛い経験をするならブログをやる必要はないなと思います。ブログの効用というのは以下の記事にも書いたように,いろいろあるわけですが,まずは本人が元気になれるものでないといけないですよね。

 

ブログとの倦怠期には一旦ブログと別れてみるのも良いかもしれない - いつか朝日が昇るまで

  

ブログは名刺代わりになるよねという話 - いつか朝日が昇るまで

 

皆さんの中にも今現在,悩んでいる人もいるでしょう。就活で悩んでいる学生もいるかもしれません。もし自分が何をすべきか,何をやりたいのか迷った時にはぜひ考えてみてください。「あなたが一番元気になる」ことを。