読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

妻の友達、野口さん(仮名)

f:id:gerge0725:20140911091621j:plain

子育てというのはとても面白いもので、子育てを通じて出会う人は普段接したことがないような人もいるんですよね。もし子育てしていなかったら絶対に接点がないような人。会社でも大学でも会ったことがない人。妻の場合、それが野口さんです。なぜ野口さんという仮名にしたかというとちびまる子ちゃんに出てくる野口さんにとても似ているんです。何が似ているかというと「クックック」という笑い方。いやもちろん実際に「クックック」と笑っているわけではないのですが、そう笑うんだろうなと思わせる人物です。

 
この野口さんとは長男が0歳の時に知り合っていますから、もう3年以上の付き合いになるのでしょうか。野口さんはそのキャラクターからかなり独特の個性がありますので、妻でさえも当初は付き合いづらいと感じていました。妻でさえそうなのですから、児童館で噂になるくらいの毒を発しております。今は妻もこの野口さんとの付き合い方をマスターしているので普通に付き合えるのですが、野口さんのキャラを知らない人にとっては近寄りがたい存在であるのは間違いありません。
 
さてそんな野口さんが野口さんたる所以を特別に皆さんにもご紹介します。皆さんも周りにいる野口さんを探してみてください。
 

1.妊婦に対して平気で「太ったね」と言う

自分も二回妊娠しているのに妻が妊娠した時には「太ったね」と言い、妻の友達には「太りすぎじゃない?」言っておりました。女性は妊娠して自分の体が変わっていくというストレスがあると思うのですが、野口さんにはどこ吹く風。笑顔で「太ったね」発言をします。
 

2.子供は一人十分と言っていたのにすぐに二人目妊娠

「子供なんて一人で十分なんだよ」と言っていたのに、誰よりも早く二人目を出産しました。それで最近妻との会話で三人目の話が出たら、「わたしは絶対ないよ。だって一人で良いって思ってたから」と言っていました。全く信用できません。
 

3.児童館のイベントに参加しているのに「児童館が嫌い」と発言する

ある児童館のイベントに参加した野口さん。妻ともそのイベントで知り合ったのですが、そこで「児童館って好きじゃないんだよね」と発言。一瞬で空気が凍りつく会場。でも野口さんは笑顔でした。
 

4.「旦那さん、無職だと思ってた」と笑顔で話す

私は日中子供を連れて歩いていることも多いのですが、そんなところを目撃した野口さん。妻が私が家で仕事していることを伝えると「旦那さん、無職だと思ってたよ」と笑顔で言っていました。無職で子供二人育てられないです…。そういえば年明けに会った時の野口さんの第一声は「ウケる」でした。なぜウケたのかは分かりません。
 
こんなに変な野口さんですが、でも実は良い人なんです。野口さんとの3年間の付き合いの中で分かってきました。
 

1.友達の育児が大変という話に号泣

公園で友達が涙ながらに育児の大変さを話しているところに登場した野口さん。野口さんの性格を考えたらまたとんでも発言が飛び出すのではと周囲も緊張していたのですが、なんと野口さんは号泣。根はとても良い人なんだろう…。
 

2.赤ちゃんを可愛がる

「子供なんて一人で良い」と言っていたのに二人目を持った野口さん。子供をあまり好きではないように見える野口さんなのに、小さい赤ちゃんには「かわいいねえ」と声をかける。もしかしてツンデレ
 

3.旦那最悪と言いながら旦那のために料理を作り続ける

旦那の事を呼び捨てにし、最悪だと連呼する野口さん。周囲にはそこまで言うならなぜ結婚したの?なぜ子供二人も持ったの?と思われる野口さん。でも旦那さんが料理を作らない人らしく、旦那さんのために毎日料理を作っているらしい。これも夫婦の形?本当に人それぞれです。
 

4.実はさみしがり屋

みんなで公園で遊んでいた野口さん。友達がひとりずつ帰って最後に妻と野口さんが残り、妻もそろそろ帰ろうかとし始めた時、「寂しいからまだ帰らないで」と言われた妻。一体誰の発言かと思って振り返るとそこにいたのは野口さん。一人は寂しいんだね。
 
 
こんなに面白い野口さん。3年も付き合うと嫌だとかではなく、こっちがクスッと笑えるらしい。まさにちびまる子ちゃんで野口さんを見る感覚です。そんな風に思われてるなんて全く気にしない野口さん。今日も元気に公園で遊んでいます。
 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 
置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい