いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子育ては難しい~塾で教えた嘘をつく子,答えを誤魔化す子

f:id:gerge0725:20141213232745j:plain

以下のSACHI* (id:ssachiko)さんのエントリーを読みました。子供を育てるというのはとても難しいもので,私は10年以上塾で小学生を教えており,さらに自身も子育てをしていますが,明確な子育てに対する答えは持っていません。そのため,SACHI* (id:ssachiko)さんのように「もっとこうしておけば」という反省があるわけですが,それもまた正解と言う訳ではありません。

 


子供の叱り方って本当に難しい。 - sachiko’s blog

 

ただ子育てに正解はないというものの,よりよい子育てというのは存在しますし,こうした子育ては良くないという子育て法も存在すると思います。塾業界で教えていると嘘を平気でつく子もいて,それを保護者が信じてしまって大事になったこともあります。なぜそうなってしまったかというとその子が授業中に騒いでいて怒られたんですが,その理由を友達にいじめられて文句を言ったことを騒いだと先生に思われたと親に伝えたんです。保護者としてはうちの子がいじめられているのになぜうちの子が怒られるんだとなるわけです。

 

それで教室にいた生徒全員に確認しても「えっ?」という反応。しかしたとえそれが生徒がついた嘘であっても対応しなければいけないのが塾ですので,なんとか対応して事は丸く収まった(第1志望校に受かった)のですが,まあ大変な一件でした。

 

他にも嘘をつくというのはよくあって,宿題をやってないのに「宿題やったけど家に忘れた」と言うとか,まあいろいろあるんですよね。あとは答えを誤魔化す子。×なのに間違った答えを消して○にする子。これを悪いと思っていない子もいて,堂々と一番前の席でやっていました。つまり○が欲しいんですよね。

 

それでこうした子供に接していて,「それは止めた方が良いよ」と言って,止められる子供もいるんですけど,出来ない子どもも当然いるんですよね。そうした事情は逐一保護者にはお伝えするんですが,それで保護者の話を聞いているとある共通した特徴があるんです。まず嘘をつく子なんですが,そういう家では親が厳しすぎる傾向があります。何かあると親にものすごく怒られるので,適当に誤魔化してその場を切り抜けようとする。

 

注意されたことを直そうとするのではなく,怒られないようにその場を取り繕うとするんです。やっぱり理由も聞かず,とにかく怒っていると人間ですので怒られるのは嫌ですから,なんとか怒られないようにとその場を切り抜けるために嘘をつく。前述した「いじめられた」なんていうのはその典型です。案の定,お父さんは成績が下がると殴るような人でした。

 

次に答えを誤魔化す子の場合,親が○が多いと褒める,成績が良いと褒めるという特徴があります。子育てで結果でほめるのではなく,努力で褒めなさいという育児書が多いのですが,本当にそう思います。

 

以前,聞いた話なのですが,幼児教室で×をもらった子供が泣いていたんです。「どうしたの?」と聞くと,「○にしてほしい」と言うんですね。理由を聞いたら「×だとお母さんに怒られるから」と言っていました。ここまでの親というのはそれほど多くはないと思うのですが,親としては成績が良ければほめたくなりますし,成績が悪ければ怒りたくもなるでしょう。それは人の親になってよく分かります。でもそれが行き過ぎると○ばかりの答案,ノートを持ってくるようになります。またカンニングもします。だってそれで○が増えて褒められるんですから。

 

たぶん親の気持ちとして,そんなことを望んで褒めていたわけではないんですが,とても難しいものです。兄弟で成績が違う場合というのもあって,「妹は優秀で」というお母さんがいましたが,お姉さんの方はそういう空気を感じてか,いつもカンニングをしようとしてました(塾としてはカンニングできない体制をとっていました)。おそらく親御さんはそういうつもりで言っているわけではないのでしょうが,お姉さんの方は自分がダメだと思われていると感じたのでしょう。最後まで誤魔化す癖と嘘をつく癖は治りませんでした。

 

10年以上塾で教えて,いろいろな子供を見てきて,「こうしてはいけないな」と思うことはたくさんあるのですが,いざ自分が子育てをする立場になってみて,同じことを絶対にしないかと言われるとそういう自信はありません。ただ子供の様子をよく見て,子供の話をよく聞くこと。またこれもよく言われますが,「○○してはダメ」ではなく,「○○した方がいいよ」と伝えること。これは心がけていきたいなと思います。

 

 

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)

 

 

 

子どものうそ、大人の皮肉――ことばのオモテとウラがわかるには (そうだったんだ!日本語)