読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「本当は二人目を持たない方が良かったかも」と思う時

f:id:gerge0725:20150212233352j:plain

次男が産まれてから9か月が経ちました。それでもまだ寝ない子育児は継続中で,昨日も1時間おきに起きるということを繰り返しております。

 

 

gerge0725.hatenablog.com

 

以前は抱っこをして寝かしていましたが,体重が10キロを超えてくるとさすがに辛い。昼寝は仕方がないとしても,夜まで抱っこで寝かすのは身が持たないという感じなのです。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

さて,タイトルはそうした育児の状況で妻から発せられた言葉です。無理もありません。ほとんど寝られない状況で長男の相手をし,さらに日中は次男の相手。休む暇などほとんどありません。私も手伝っていますが,それでもそうした状況が改善されるわけでもなく,辛い状況が続いています。

 

「本当は二人目を持たない方が良かったかも」

 

育児が大変なことは長男の時に体験済みで,次男の育児が大変なのは予想していました。それでも想像をはるかに上回る大変さ。しかも寝ない子育児というのは寝ない子を育てた人にしか理解されなくて,いろいろアドバイスされるわけですが,そのほとんどはすでに実践済みな訳です。

 

妻は地域では寝ない子育児のカリスマみたいな存在になっているので,寝ない子育児をしているお母さんに「やっと分かってくれる人がいた」と喜ばれ,涙されることがよくあります。「確かに寝れないよね」。やつれているお母さんへ共感するわけです。

 

といっても本人もほとんど眠れないわけですから,とても大変な訳です。もちろん本音ではなくて,実際には持って良かったこともあるわけで,持たなくてよかったわけではないのですが,大変な育児が続くと弱音も吐きたくなるわけです。

 

「そんなに大変なら持たなければいいのに」

 

私も独身時代,そんな風に思いました。でも子どもって持ってみないと分かりません。また個人差もかなりあります。「育児楽勝だよ」という人もいます。そういう人にとっては「なんでそんなに大変なの?」なんて言われることもあります。

 

育児は経験した人が多いので,いろいろなアドバイスをされます。アドバイスしてもらえるのはうれしいことですが,それは必ずしも我が家の子供たちにあてはまるとは限りません。でも実践していないと「○○をしないからダメなんだよ」と言われます。そういうことにも耐えながら日々,育児と仕事に邁進しています。

 

こうした状況も終わってみれば懐かしい出来事になるのかもしれませんが,今はただただ耐えるのみです。いつかこうした状況が笑って話せるようになるまで頑張りたいと思います。

 

最近妻は以下の漫画を読んでいます。オススメ漫画だそうです。