読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「学歴ロンダリング」で犯罪増?

研究 考え方

f:id:gerge0725:20150306083744j:plain

久しぶりにとんでもない記事を読んでしまいました。本当にひどくてびっくりしました。

 

jbpress.ismedia.jp

 

まず何がおかしいかと言うとブコメでも指摘されている通り,何の事件が指摘されていない。いったい何を博士の犯罪としているのか分からない。また大学院進学者数そのものが増えたのは文科省の方針でそうなったわけで,人数そのものが増えているわけだから,もし犯罪が増えているならその割合を示して欲しいわけですが,そもそも何の犯罪かも示していないので,割合など示しようがないなど,そもそも前提からおかしいわけです。

 

本人も何を言っているのか分かっていないようで,最後の頁の章が「何を言っているか?」になってるんです。最後まで書いて「何を言っているか?」を説明しないといけない内容。しかもそこで書かれていたのがこれ。

 

 つまり、実力がないまま、学歴だけあるように見せかける「ロンダリング」そのものが、すでに半分詐欺の共犯に足を突っ込んでいる可能性を言っているのです。

 

学歴ロンダリング→詐欺みたいなもの→博士の犯罪増加ととても研究者としての訓練を受けた人の書いた文章とは思えず,教育そのものの見直しが迫られていると強く実感したわけです。

 

ちなみに私の後輩の中には「学歴ロンダリング」で東大に入っていますが,しっかりと博士号も取得していまして,犯罪に手を染めてはおりません。私も博士課程と修士課程で大学院を変わっており「詐欺みたいなもの」ですが,今のところ詐欺罪で告白されず,平穏な日々を送っております。

 

さて,皆さんはお気づきでしょうか。この元記事のタイトルと副題は以下のようになっています。

 国立大学の博士が起こす事件の裏に入試制度あり!
学部と大学院の入試で起きている逆転現象、学歴ロンダリングアベノミクス・・・

 

えっ,アベノミクス

 

 もう1つ、例えば昨年あたりから(アベノミクスの影響は知りませんが)やや景気は好転し新卒採用に拍車がかかったのか、学生は大学院に進もうとしなくなっている昨今の傾向も指摘しておきましょう。

 

(アベノミクスの影響は知りませんが)…。

 

まだ連載は続くようでありますので,次回示される具体的な改善策に期待しましょう。それまで「学歴ロンダリング」をされました院政諸君は犯罪に手を染めぬよう気をつけましょう。私も襟を正して日々精進したいと思います。

 

 

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)