いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子供の食事の仕方について嫁姑対立~なぜか実母まで…

f:id:gerge0725:20150221221348j:plain

 

私達は実母とも義母とも同居していないのですが,それでも勃発する嫁姑問題。特に子育ての仕方が絡んでくるとこの問題はとても厄介です。今回は奥さんの義母(旦那さんの実母)と同居中の私の親戚夫婦の話です。

 

奥さんの方は食事に関してとても厳しく母親からしつけをされたらしく,出されたものは残さない,食事中に遊ばない,好き嫌いはしないと言われ,時には叩かれるなんてこともあったようです。

 

それに対して旦那さんと義母は「好きな物食べたらいいよね。残してもいいよね」というスタンス。だから奥さんが子供に対して「残さず食べなさい」と言うことに対して反対なんですよね。自分も好き嫌いがあるし,残さず食べるように教育されていないわけですから,そんな教育必要ないと思っていますし,旦那さんはもし奥さんが自分にもそれを強制したら生活しづらいわけです。

 

もちろん義母も自分の息子に「好きな物食べればいいよ」と教えてきたわけですから,奥さんが「残さず食べなさい」というやり方に反対。奥さんが「残さず食べなさい」と言っている横から,「これ食べる?」と子供が好きな物を渡してしまう。そうすると子供は「おばあちゃん大好き」となり,さらに子供は「だっておばあちゃん好きな物食べれば良いって言ったもん」と奥さんの言うことを聞かなくなるという悪循環に陥っているわけです。

 

こんな状況でありますから,まあ奥さんのストレスと言うのは相当のもので,ストレスがたまるというだけならストレスの発散の仕方を考えてあげれば良いのですが,それが子供に向いてしまうことがあるんですよね。ついつい子供につらく当たってしまう。そしてますます子供は「お母さん嫌い。おばあちゃん大好き」に…。先ほども書いたとおり,この状況であっても旦那さんは味方をしてくれない。本当に大変な状況。

 

そこに実母登場。奥さんを厳しくしつけた張本人。奥さんの援護をすべきかと思えば,「あなたをあんなに厳しく育てたのは間違い。子供にはそんなにしなくてもいいよ」と何と反省の弁…。これ奥さんはどうしたら良んでしょうか。本当に悩んでいるんですが,私達には答えがありません。

 

別のやり方を考えて,ご飯をきれいに食べてもらう,あるいは別に残してもいいと考え方を変えるというやり方もあるのでしょうが,これは私達もそうですけれども,今まで刷り込まれてきた考えをそんなにすぐに変えることはできません。いまさら実母に反省されても「私,どうすればいいの?」としか言えないわけです。

 

これは親戚の話なので,私たちの場合,こうした対立はないのですが,やっぱり食事と言うのはお互い気を遣うようで,実家に帰った時,私の母親は「何を作ったらいいか分からない」とよく言っています。結果,買ったものを食べるような生活になってしまうわけですが,食事って好みもありますし,それまでの生活習慣が大きく関わってきますから,トラブルが起こる可能性が高いのかもしれません。

 

先ほどの奥さんは子供が大きくなっていって初めて問題が解決するのかもしれませんが,今,とても大変な状況なのです。何かいいやり方があればいいのですが…。

 

 


毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

 
なぜ、母親は息子を「ダメ男」にしてしまうのか (講談社+α新書)

なぜ、母親は息子を「ダメ男」にしてしまうのか (講談社+α新書)