読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

就活に失敗しない社会なんて存在しない

仕事 考え方

f:id:gerge0725:20150325104834j:plain

 

就活が本格的に始まったようで,これから就活をする人のためのお役立ちサイトってよくありますよね。「こうすればうまくいく!!」「こうすると失敗する」など,時には同じ内容なのに「うまくいく」方と「失敗する」方の両方に書いてあることもあります。

 

それで今日はたまたま以下のサイトを見たんですが,ここに書かれてあることをやっていない就活生ってほとんどいないと思うんですよね。こういうことはすべてやっても就活がうまくいかないということがあるというのが今の社会ですよね。

 

paiza.hatenablog.com

 

よく考えれば当たり前のことで就職先は限られたものしか用意されてなくて,そこに多くの人が殺到するわけで,成功する人がいれば失敗する人もいるわけですよ。だから「失敗しない方法」なんていうのはそもそも存在しなくて,失敗する人は一定程度存在するのは確かなんです。では必要なことは何かというと,これを「失敗」として終わらせないことだと思うんですよね。「一生懸命就活したのに失敗した→人生終わり」ではなくて,それが失敗ではなくて,別のステージでの成功につなげる方法が必要でしょう。

 

「就活で失敗して死ぬな」とか,「就活なんてそもそもバカらしい」といっても,今,現に就活に真剣に向き合っている人,向き合ってきた人には何の役にも立たないと思うんです。

 

私自身,就活というのはしたことがなくて,ずっとアルバイトそして自営業となっているわけで,それでも何とか結婚し,子供も持って生活できているんですよね。でも一方でフリーターとして辛い生活をしてきている人たちもいるわけで,自分自身が運が良かったと言えばそれまでなのですが,それでも私が何とか生きていくために,自分の場を確保するために重視してきたことがあるので,それを書いておきたいと思います。

 

gerge0725.hatenablog.com

gerge0725.hatenablog.com

 

それを書くなんてとてもすごいことのように思えますが,実際に大切なことは今の場所で頑張るということだと思うんですよね。私は大学院に通っていたのですが,その道だけで生活していくのは大変だと最初から分かっていたので,生活の手段を確保すべく,塾で働いていたんです。それで,塾というのは学生のアルバイトみたいなところもあるので,真剣にやる人とやらない人の差ってとても激しいんです。

 

私はそこでしっかりやりました。時に救急車で運ばれました(ブラックバイト…)。今,与えられた場で頑張るってことは結構大切で,バイトからいろいろなつながりができて,仕事を紹介してもらうことになり,現在に至っています。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

就活に失敗し,バイト生活をすることもあるかもしれないですが,そこでしっかりやることで開ける道もあるし,たとえ「お金のため」と思ってやっているバイトでもしっかりやっていると,後々救いの手段になることは本当にあります。これ,今から10年前には絶対に分からなかったことで,今だから言えることです。

 

だからもし就活に失敗したら,仕事をうまく見つけられなかったら,今ある場所で頑張ってください。それが就活を「失敗」で終わらせないために必要なことではないかなと思うのです。そんなことを考えつつも,就活生たちの初々しいスーツ姿がまぶしく映るおじさんでした…。

 

 

内定童貞 (星海社新書)

内定童貞 (星海社新書)