読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

期待されない虚しさと期待に応えたい気持ち

f:id:gerge0725:20150208005840j:plain

 

ポンコつっこ (id:ponkotukko)さんの記事を読みました。それに対する私のブコメは以下のものです。

 

「お前はもっと伸びる奴だと思ってた」と教師に言われた - 心がよろけそうなときに読むポンコツ日記

何も言われなかった人間としてはうらやましい部分もある

2015/02/07 09:55

 

私はほとんど人に期待されたことがありません。運動も勉強も特にできたほうではないので,人に期待され活躍している人たちを見るとうらやましく思っていました。「なぜ自分は期待されないのか」。私は多くの人間の中の無名の一人にすぎないのかもしれない。社会の歯車の一つとして人生が終わっていくだけなんて嫌だとずっと思っていました。

 

そうした状況を変えるべく,自分を偽って目立とうとしたけど,それは間違いでした。そんなことをしても状況は何も変わりません。むしろ評価は下がるばかりで,ますます「期待されない人間」になっていってしまいました。

 

挫折続きで自分の人生を呪った10代,20代 - いつか朝日が昇るまで

 

しかし期待されすぎるのも辛くなるというのもあるかもしれません。おそらくポンコつっこ (id:ponkotukko)さんにはそんな思いがあるのでしょう。ただ私自身はそこまで期待されたことがないので,これはよく分かりません。

 

 私の代は思うような成績を残せなかった。伝統は誇りであり重圧。重圧に負けた。自分を情けなく思った。崇拝した主の思いに応えることができなかった自分の愚かさに泣いた。

 

こうして人に期待されずに育ってくると,ちょっとした期待にも応えようとするようになります。 おそらくブッラク企業やブラックバイトで被害にあってしまう人は同じような性格ではないかと思うのですが,お金のことは考えずやってしまうということがあるんですよね。なぜなら期待されるという経験に乏しいので,期待している人のために頑張ろうと思ってしまうんです。

 

現在,私自身はその泥沼から脱しつつあって,それはきっと家族ができて,そんなに死に物狂いで頑張らなくても自分のことを信じてくれる,期待してくれる人たちがいるからだと思うんですよね。期待は重荷になることもあるのでしょうが,今の自分に期待してくれるのであれば,それはむしろ喜びなのかもしれないと思います。

 

繰り返しになりますが,全く期待されない人生というのはとても辛いものです。それはやがて自己肯定感を喪失させ,自信を失わせます。そして自分の殻に引きこもる。そんな状態にもなるわけです。

 

一方で期待されすぎる,もしくは期待に過度に応えようとすると精神が参ってしまうこともあります。「なぜ自分は期待に応えられないのだろう」とこちらも自己肯定感を失わせる原因になるのでしょう。

 

先ほども書いたように今の自分に期待してくれる関係を築いていくことがとても重要で,そうした関係を築けて初めてこうした呪縛から逃れられるのかなと思います。そんなことを考えながら,私は仕事と育児に邁進しているのでした。

 

 

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

 
重すぎる母、無関心な父 (静山社文庫)

重すぎる母、無関心な父 (静山社文庫)