読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「1人で寝かせる方が自立心が育つ」は本当か

f:id:gerge0725:20150126235936j:plain

 

「子供を別室で寝かせた方がいい」

 

実はこれ,結構言われたアドバイスでした。自立心が育つということ,子供が一人でねられるようになることなど,いろいろ理由は言われたのですが,結局我が家はいまだに川の字にみんなで寝ています。かねてから欧米型の別室で寝かせる方法というのが本当に良いのかと疑問に思っていたので,以下の記事を読むと別室で寝かせることと自立心の育成には関係がないようです。

 

 欧米の子供は、日本人の子供に比べて自立心があるように見えますが、実際それは親と別々の部屋で寝る事とはあまり関係がなく、別の場所で両親や社会の姿勢から学んだものが多いそうです。

物心がつく前に、別室でひとり、孤独と暗闇に耐えながら寝ることで、不安と恐怖感から救えるのは自分しかいないということを体験し、それを克服することで心が折れにくくなるとも言われますが、ハーバード大学の研究によれば、人間の幸福度に一番大きな影響を与えるのは、お金や地位ではなく、「幼少期の両親との人間関係」であることが分かっており、添い寝による愛情表現は、子供の将来に大きな影響を与えることになりそうです。

​ハーバード大学「人生で幸福度に一番影響を与えるのは、幼少期の両親との人間関係」 - HEYAZINE[ヘヤジン]

 

こうした流れからかアメリカでも添い寝が推奨されるようになっているようです。

 最近では、アメリカでも添い寝が推奨されるようになってきており、自立や経済的な価値観ではなく、何か別のものが「幸せ」や「成功」の指標になり始めているのかもしれません。

 

それでトピシュ (id:topisyu)さんの以下の記事でも紹介されている以下の本をみると,やっぱりありました。

 

“子育て法”革命―親の主体性をとりもどす (中公新書)

“子育て法”革命―親の主体性をとりもどす (中公新書)

 

 


現代の子育て法に問題があるから、親による虐待が日常化し、学級崩壊が起き、少年犯罪は増え、子供はひきこもるのか - 斗比主閲子の姑日記

 

 私は,夜中の授乳が必要でなくなったら,親子はなるべく離れて寝たほうがいいと思う。大人にも自分の生活領域があるということを,子どもに幼いころから伝えるためのよい機会だからだ。一人で寝られるということは,子どもの自信にもつんがる。別室就寝が子どもの自律をうながすという側面は,たしかにあると思う。

 寝相の悪い子どもたちと同室で過ごしていると,就寝中でさえ親は子どもを気づかっている。そんな眠りがつづくと,親は疲れてしまう。寝るまで添い寝し続けるのも,ストレスのもとである。子どもにとって疲れて余裕のない親ほど迷惑な存在はない。別の部屋でゆっくりとリフレッシュして,翌朝気持ちよく子どもと会うほうがお互いためだ。(176-177頁)

 

確かに添い寝がストレスに感じる人はやめた方が良いとは思いますが,それがいつからかというのが問題だと思うんですよね。「夜中の授乳がなくなったら」は上記の記事によれば早いと思うのですが,この本が「夜中の授乳がなくなったら」とする根拠は「感覚」でしかないようです…。まあそれぞれの家庭で決めていくのが良いとは思うのですが,「日本型育児ダメ」と安易に批判しない方が良いと思うのでした。