読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

意図しない炎上ってどれくらいあるんだろうか

f:id:gerge0725:20150426214343j:plain

「炎上した」と大騒ぎしている記事を目にして,「いやいやその程度で炎上ではないでしょ」というツッコミも多数あったわけですが,炎上元の自分の記事よりも自分の記事の炎上について説明した記事の方がブクマがたくさんつくという新たな手法を目にして感心しております。

 

そもそも炎上ではないという議論は置いておきまして,炎上するかしないかというのは事前にある程度分かるもので,分からないのはそれがどの程度炎上するかでしかないと思うんですよね。ご存知イケハヤ先生は以下のような本を書かれ,意欲的なタイトルで日々,炎上記事を書き続けております。また,はあちゅう女子もまたそれと同じ戦略を選んでいるのではないかと思うこのごろです。

 

そんな気持ちでそのブログを見ていたのですが,ドボン会 会長 (id:dobonkai)が以下の記事を書いていて,「そうかあ,あれは脇が甘いと表現するものなのか」と疑問に思った次第です。

やってもいないゲームをこき下ろしたらそりゃ燃える。
追加の記事を読むと、本人としては貶して書いたつもりは無いらしいけれど、それなら書き方が悪かったというところに思いが至らないといけない。

dobonkai.hatenablog.com

 

そもそもその元記事はタイトルからして「貶して書いたつもりは無い」という言い分そのものが無理があると思っていて,「燃えたらいいな(PV稼げたらいいな)」という願望があったことは否定できないのではないかな。id:fujiponさんが以下のように書いていたけれども,やっぱりネタなのではないかと思うのです。

 

ただ、それをあえてネタとしてやっているのでなければ、コンテンツに対して実際に観たり読んだり遊んだりしないで言及したり、(とくに悪い方の)価値判断をするというのは、やっぱり、そのコンテンツを愛する人にとっては不快だと思うのです。

fujipon.hatenablog.com

 

これがネタでなければ,謝罪もするだろうし,記事も下書きに戻すかもしれないし,少なくとも以下のように言っているのであればタイトルは変えるのではないかな。

 

 確かに「誰が買うんだ?」というタイトルは、煽る気なかったといえど

人を不快にさせうる者であることは理解できたのでそこはお詫びします。

 

arrow1953.hatenablog.com

 

炎上するかどうかはあくまでも結果論であるけれども,炎上させようと,つまりPVを稼ごうと,よく言えば多くの人に見てほしいと思ってあのタイトルを付けたのではないかなと思うし,自分があのタイトルをつけるのはそういう時だと思う。

 あ、あと僕は意図的にブログ炎上させるスキルなど

持っていないしそんな事はやらないっすよ。

人様からの恨みを買ったって何の得にもならないから。

 炎上してみて考えた - サブカル 語る。

 

ブログを書いて多くの人に読んでほしいと思うのは私もそうだし,中にはPV稼いでお金を稼ぎたいという人もいるわけで,それを否定するものではなくて,ネタならネタで良いし,炎上させたいなら炎上狙いでも良いのではないかなと思うんですよね。

 

私自身,できているかはともかく,ブログを書くという行為に関して正直に向き合いたいと思っているので,「炎上を狙っていない」と言われる事の方が残念なのでした。「そんなの人それぞれだろ」で終わりなのかもしれないけれど…。

 

 

なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)

なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)