読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

金を稼ぎ続けるのは楽ではないぜよ~メディアクリエイター論争に思う

ブログ

f:id:gerge0725:20150902155654j:plain

メディアクリエイターにはなれない老害のとしぞうです。年寄りというもの老害になって初めて社会の役に立てる気がしますよ。

 

以下の記事ではブログの行方について書いてあるのですが,それなりにブログに関わってきた人間としては以下の部分が不安要素でしょうね。

でもさ、AppleGoogleも自分で広告作ってさ、広告をブロックできる機能を追加してきているじゃないですか。この矛盾をしっかり考えないと。

ある日Googleが「アドセンスユーザビリティが低下するからやめるわ。」って言ったら、どうするの?月間50万PVはあるけど広告がないから、収入0ってこともある。その日からみんな普通の本来の『ブロガー』になっちゃうよね。

若者たちは「そんな先のこと知らねえよ」と思うかもしれないけれど、社会に出た大人たちは同じような経験をどこかでして、後悔や失敗していることを知っているから、例の若者たちを叩くんです。「大人の社会経験なめんな」と。

 

georges.hatenablog.jp

 

こういうことはよくあることで何を隠そう私はアドセンス停止しております!!

 

gerge0725.hatenablog.com

 

まあそんなに稼いでいないサイトですし,アドセンスのこと気にせずに好きなことを書いているので良いのですが,アドセンスは一回は停止することがあるでしょうね。でも,それを気にしてブログをやると面白いもの書けそうもないです。

 

以下の出来事も私には関係ないことですが,2014年にアマゾンの紹介料率が変更されました。こうしたことがブロガ―には何ら関与できないところで決まっていくのです。

 

 Amazonは今期、投資増により赤字幅が大幅拡大、株価も急落している。今回の変更は、利益率の高いデジタルコンテンツの紹介料率を優遇することによって、送料により収益が圧迫される物品販売の構成比を減らすのが狙いだろう。特に音楽・書籍・映像などのコンテンツは、パッケージ販売よりダウンロードやストリーミングでの利用率を高めた方が、小売店としては収益性が高くなるわけだ。

 Amazonにとってアフィリエイターは、代理で販売してくれるパートナーであるとともに、競合でもある。紹介料率の分、外で売れるより自社サイトで直接売れるほうが利益率は高いのだ。ユーザーが他のサイトを経由せずAmazonへ直接訪問する比率が高くなってくれば、アフィリエイターはむしろ邪魔になる。ここ数年繰り返されてきた紹介料率の変更は、そういうAmazonの思惑をストレートに反映した結果とも言えるだろう。逆に、Amazonでは低い紹介料率で固定されているカテゴリーは、他のECサイトからするとシェアを奪うチャンスかもしれない。

 Amazonアソシエイト・プログラムが段階制料率を廃止、Kindle本などデジタルコンテンツを優遇する理由は? | ダ・ヴィンチニュース

 

以下のブログの方は結構な被害を受けていますが,いたしかたないと諦めるしかないわけです。その記事の中に大変詳しいグラフを載せているので参考になります。

f:id:gerge0725:20160120233620p:plain

 ちなみに私自身のお話でいうと、度重なる料率ダウンによって、ここ3年で紹介商品数は微増しているのに、紹介料はほぼ「半分」 になってしまいました。

 【実例】過去のAmazonアソシエイトの料率変更の影響のグラフ | デジモノに埋もれる日々

 

こうしたことは他のアフェリエイトでも起こりえることで,ブログだけで稼ぐことは外部環境への依存度が高すぎるのです。また稼ぎ続けることも難しいですが,年間1000万以上稼ぐのはもっと難しいですよね。だからイケハヤ先生を初め,皆さんブログ以外の活動をし始めるわけです。我らがxevra先生も以下のように言っているんだぜ。ビジネスなめんなよ!!

 

青二才さんが稼げない理由 - 中川龍のヒマつぶし

そもそもイケハヤは成功してると考えてるのが良く分からん。手取り500万しかないフリーランスなど事業者では底辺だ。数年で10億円規模にならないビジネスはクズの失敗ビジネス。考慮に値しない。ビジネスなめんなよ

2016/01/20 00:36

b.hatena.ne.jp

 

ブログだけで生活していきたい人を邪魔するつもりはないのですが,こうしたリスクはふまえて進路は真剣に考える必要があるでしょう。私はイケハヤ先生のように無責任に人を煽って失敗しても俺は知らないみたいにはしたくないですからね。

 

それで私自身は就職は一回もしたことなく,ずっとフリーの生活を送っていますので,サラリーマンの方が良いなと思うこともありますよ。ただ,どのような道を選んだとしても言いわけはしない,人の責任にしないという覚悟をもっていこうというのが私の信条です。今は会社作って頑張っているところです。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)