いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

1歳半検診よりも4か月検診の時の方が追い詰められていた

f:id:gerge0725:20150212233352j:plain

 

以下の記事を読みました。1歳半検診ってそんなに記憶にないですねえ…。自治体によっても違うし,担当する保健師さんによっても随分と違うんだろうなあ。でも,この記事を書かれた方は4か月検診はそんなに落ち込むことはなかったのかな?4か月検診は子どもができる,できないについて聞かれる部分が少ないから,あまり気にならなかったのかも。我が家の場合,子どものことよりも,親の方が疲弊していたので,4か月検診の方が大変でした。

 

chizuu.hatenadiary.jp

 

次男の4か月検診は特に問題が無くて,妻もそれほど疲れていなかったのですが,長男の時はいろいろなトラブルがあって,あまり寝ていなのもあり,相当妻は追い詰められていたと思います。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

それで保健師さんの問診があったんですけど,保健師さんの「お母さん,頑張っているわね」に号泣。それを見て保健師さんが「何が一番つらい?」と聞いてくれたんだけど,それ以上は答えられませんでした。育児を夫婦でやってきたつもりでしたが,やっぱり妻は相当疲れていたのだと思うし,精神的にも追い詰められていたのでしょう。

 

そういうことがあったので,その後,保健師さんから何回か電話が来ました。かなり心配されたんでしょうね。育児の最初の頃って当たり前ですが,,なぜ泣いているのか分からない,聞いても答えれくれないので,相手にするのがとても辛くなってくるんですよね。ずっと泣き続ける,ずっと寝ない。解決策もなし。理由も聞けない。そして育児の孤独。

 

妻の場合,近くにママ友とかできましたけど,4か月検診のころはまだそれほど知り合いも多くなくて孤独でした。その後,ママ友もできて精神的には落ち着いたんですけど,体力的にはとてもキツイという感じです。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

今は次男の育児中で,こっちも寝ない子で昨日は20分おきに起きるという最悪の事態になっているわけで,これはきっとインフルエンザの後遺症でしょう。妻もインフルエンザの後遺症と花粉症の疲れとかいろいろなものが噴出しまして,乳腺炎にもなり,かなり参っている状態です。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

疲れを取るとか休むということは子どもがいるとできないので,なかなか回復しないものですよね…。一時保育なども利用して少しずつ体力の回復に努めてほしいなと思います。ということで,今日も私は二人を連れだしてお出かけしようと思います。雨降らないといいけどね。

 

 

 

 

小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK‐間違った助言や迷信に悩まされないために

  • 作者: 森戸やすみ
  • 出版社/メーカー: メタモル出版
  • 発売日: 2012/12/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 30回
  • この商品を含むブログを見る