いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「生まれて1年」が大変なのは言葉が通じないことではないのかな

f:id:gerge0725:20150212233352j:plain

 以下のid:fujiponさんの記事を読んで,長谷川さんの育児論も読んでみたけどひどかった。

fujipon.hatenablog.com

「1年目はきついです~」
ってコメントしてきた皆さん、それはあくまで「体力的」な部分だけ。これから覚悟しといてください(笑)。 

「生まれて1年もきつかったです!」というお声に対する返答

 

「ああ,分かってないなあ」と本当に思う。まず体力的にきついと精神的に辛くなるのは当たり前。「1日,2日寝なくても大丈夫」と半年睡眠不足,1年睡眠不足はレベルが違う。しかも育児をしていれば「今日は早く寝よう」なんてできない。だから体がどんどん辛くなって,精神も病んでくる。

 

「ちょっと休ませて」と言っても子どもは休ませてくれない。きっとそんな思いはしていないのだろうと思う。特に男親の場合,子どもが大きくなってからの方が付き合いが多くなる,つまり父親自らが付き合おうとするので,「大きくなってからの方が大変だぜ」みたいな話になる。

 

実は先日、体重が一気に減りました。アメブロの方でも書いたんですが、なんで一気に2キロも3キロも落ちたのか?

簡単です。長男が受験だったのですね。

もうね、胃が痛くて胃が痛くて…。ご飯、のどを通らなくて…(苦笑)。

「生まれて1年もきつかったです!」というお声に対する返答

 

それでその受験勉強に毎日付き合ったのは誰なのか。ずっと長谷川さんが子どもの横について付き合ってないのではないかな?何か「今の俺の子育て大変」ってだけで「生まれて1年」なんて余裕とはならないと思うんだよね。

 

あと重要のなのは人間の記憶の問題。あの時はあんなに大変だったのにすぐに忘れてしまうんです。ああいう大変な経験を忘れられないと第2子持とうとは思えない。それで第2子を持つとまた大変で,「なぜ第2子を持ったのか」なんて考えてしまう。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

人間の記憶は都合の良いように書き換えられるという便利なもの。だから生きていけるんでしょうけど,だからと言って今の方が大変なんて言わない方が良いよね。まあ,我が家の場合は,今次男が虫歯になってしまい,「夜間は断乳しよう」となっていて,結構夜中も泣き叫んでいるわけですが,どうにか頑張っている感じ。

 

それでタイトルの件なのですが,「体が痛い」というのは何とかなるんだけど,言葉が通じないって結構つらいと思う。何を言っても話が通じない。そしてなぜ泣いているのか分からない。長男の時は「何で泣いているんだよ」と何度も問いかけたことがある。

 

今は長男も4歳だから泣いている理由を答えることができるが,当時は全く理由も分からず精神的に追い詰められた。私はまだ外で仕事をするからいいけど,世の母親たちは子供と二人きりでいるわけで,そういう泣いている理由の分からない人とずっと一緒にいるのは想像しただけでも大変だと分かる。第2子でも同じような思いを抱いたのだから,第1子の人は大変だと思うのが当然。

 

そういう状況だからこそ,虐待だって起こるわけだし,それは何も特別な状況ではなくて自分にだっていつ同じ状況になるか分からない。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

だから長谷川さんが生まれて1年は体力が大変,今は精神が大変なんて書いているのをみて,「ああ子育てやってないよな」と思ってしまう。もっというと子どもが寝なくて大変なのは最初の1年だけではないよ。我が家は3歳まででしたよ。そういう育児をしている人たちがいるということに想像力を働かせてほしいものだ。

 

gerge0725.hatenablog.com

 

 

ツレと私の「たいへんだ!」 育児2

ツレと私の「たいへんだ!」 育児2

 
ツレと私の「たいへんだ!」育児

ツレと私の「たいへんだ!」育児