いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

中学受験の失敗学?

「中学受験の失敗学」という本を読みましたか?

この本は中学受験の負の部分を表に出すことを目的とした本です。保護者の方はここで述べられている事例を反面教師として参考にしたらよいでしょう。
しかし、問題なのはこの本が家庭教師の先生によって書かれている点です。
生徒の能力に差があるのは当然ですが、だから無理だと言ってしまってはいけません。そう思った瞬間からその子の合格はなくなります。「なぜできないのか」、そして、「どうすればできるようになるのか」を真剣に考える必要があります。残念ながら、この本の著者はそれを真剣に考えたことがないようです。それが分かるのは国語のお勧め本として石原千秋の国語読解法を上げている点です。これらを国語が苦手な子に勧めてはいけません。これらの本で述べているのは文章全体をしっかり把握しようということです。しかし、どうすれば把握できるのかは書いていません。しかし、それが重要なのです。詳しくはリンクにある「中学入試の国語教室」をご覧ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村