いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

睡眠時間が少ない婆ちゃんは脳の活動が鈍くなっていたのかな?~睡眠の重要性

もうすでに亡くなっているうちの婆さんですが,夜更かしなのに朝が早く,夜はいつもコックリコックリしていて,うちの父親に「寝に行け」と怒鳴られていました。

 

 

そんな婆さんですが,80歳ぐらいになると痴呆の症状が出てきたようで,道に迷ったり幻覚を見たりしていました。サルが家にいるのでご飯をあげると言って豆を居間でまいていました。

 

当時,婆さんは眠れないと言っていたようで,医者から「薬出しましょうか」と言われたけど,根っからの医者嫌いの婆さんは「いらない」と言ってもらいませんでした。

 

今思えば,睡眠時間と脳の活動は関係しているのだから,薬を飲んで寝るようにすればよかったなあと思います。次の記事では睡眠と脳の活動との関係について書かれています。

 

なぜ睡眠がそこまで重要なのか!?その理由がついに解明!! - IRORIO(イロリオ)

 

 米ロチェスター大学医療センターのMaiken Nedergaard医師らがおこなった研究によれば、人間の体が睡眠を必要とする理由は、起きている間に脳内でつくられた毒素(化学物質)を脳内から取り除き、頭の中をスッキリさせるためだそう。この掃除のプロセスにはエネルギーが大量に使われるため、覚醒した状態だと思考の妨げとなるので就寝中におこなわれるとか。つまり、寝不足のときに頭がボーっとしてしまうのは、睡眠中に除去しきれなかった毒素を取り除くことにエネルギーが使われ、思考の方に回ってこないせいなのだという。なお、こういった毒素が脳に溜まったままになると、アルツハイマー病など神経系の病気の原因になるそうだ。

「なぜ眠るのか」についてはこれまでにもさまざまな議論が交わされてきたが、今回の研究結果は神経疾患の新たな治療法を見つける手立てになるとNedergaard医師。脳の活動をより効率的にするには、いつどうやって“掃除”がおこなわれているのかと、その掃除の重要性を理解する必要があると同医師は語っている。

 

こういう知識がしっかりあれば,あれほど痴呆が進んだ状態にならなかったのかもしれません。医者嫌いなので医者のアドバイスなんて聞きはしないでしょうが…。

 

 

でも,年寄って都合が良いもので,緑内障の手術に関しては無理やりさらせたら,「私の場合はうまくいったよ」と言っていたので,本当に都合がいい人だなと思ったのを覚えています。

 

 

そんな婆さんも亡くなって10年近くたちます。結婚式に出られず,孫にも会えずなくなってしまったのは残念だなと思います。でもすでに亡くなった爺さんの方は結婚式には出られたのでいろいろと伝わっているでしょう。まあでも口が悪い婆さんだったので,爺さんと同じところに言われるか分かりませんが(笑)。

 

 

 

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)