いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

出生前診断は良くて遺伝子予測はダメ?

「デザイナーズベビー」というタイトルが新聞に出ていて何ごとかと思い中身を読むと,遺伝子予測をもとに卵子や精子を選ぶことが可能になるということのようです。でも,出生前診断は良くて遺伝子予測に基づく産み分けはダメなのはなぜなのでしょうか?

 

 

子供の遺伝子予測、米企業に特許 「デザイナーベビー」と批判 - MSN産経ニュース

 

 

両親の唾液などに含まれるわずかな遺伝子情報を解析し、生まれてくる子供の目の色や背の高さ、がんなどの病気になるリスクを予測する手法の特許が19日までに米国で認められた。

 生命倫理の専門家は、予測を利用して提供者などから精子や卵子を選ぶと、望ましい特徴を持つ子どもを生む「デザイナーベビー」につながりかねないと批判。特許を持つ米カリフォルニア州の遺伝子検査会社「23アンドミー」は「遺伝子と健康に関する理解を高めるのが狙い。子どもを選別する生殖医療に応用するつもりはない」と説明している。

 

 特許は2009年に同社が米特許商標庁に申請し、今年9月24日付で認められた。ベルギー・ゲント大の生命倫理の専門家は、今月3日付の英科学誌ネイチャー電子版で「受精卵診断は定着しつつあるが、子どもの遺伝的特徴を選別することは倫理的な問題が大きい」と批判した。(共同)

 

さらにこちらの記事も参考になります。

 

クローン人間以上に切迫した「デザイナーベビー」の問題 « WIRED.jp

 

 デザイナーベビーを産み出すためにクローン技術はいらない。26日(米時間)、試験管の中で作られた複数の受精卵から選び出した赤ちゃんを出産した女性について報道があった。遺伝子診断の結果から科学者たちが選んだのは、アルツハイマー病の早期発症という母親のもつ遺伝形質を受け継いでいない受精卵だった。

 

 アルツハイマー病や嚢胞性繊維症[膵臓や肺などに嚢胞ができ、消化・呼吸困難を起こす遺伝的慢性病]などの病気に関してなら、卵子、精子、受精卵をスクリーニングしない方が無責任に感じられるだろう。しかし、頭髪の薄くなる可能性や知性といった点になれば話はまったく逆だと多くの生命倫理学者は考えている

 

遺伝子予想に基づく産み分けとなると自分たちの精子と卵子とは全く関係がない子供を持つという選択をするということですね。自分たちの子供が欲しいではなく,子供が欲しい。だからより良い子供が欲しいとなるのでしょうか。

 

 

出生前診断の場合,受精卵の段階で選別するが遺伝子予測に基づく産み分けはそれ以前の段階で選別されているので倫理的に問題という主張がなされますが,この違いが倫理的にどのように問題になっているのか,これは時代を反映して倫理観が変化した結果であるとしか言えないような気もします。

 

 

卵子と精子の段階で問題が分かった場合,自分たちの子供を持たないという選択をする場合もあるという問題もあるのでしょう。しかし,その後,受精卵の段階でもう一度判断しようというのは許されるのでしょうか?

 

 

さらに治療がどの段階で可能になるのかというも今後関係してきそうです。卵子と精子の段階で治療が可能だというのであれば,遺伝子予測も推奨されるのかもしれません。生命倫理は今,流行りの分野でもあるので今後,いろいろな議論が始めるでしょうけど,産むかどうかの選択を家族にのみ押し付けるような制度は本当に負担です。

 

 

子を持つ親ならば一度は子供が無事に産まれるかどうかを心配すると思うので,その選択を自分たちが迫られたらと考えると,結論を出す自信はありません。だったら分からなかった方がよかったかもと思うかもしれませんし,この記事にあるように「分かるんなら教えてほしかった」と思うかもしれません。これはいまだに結論が出ません。

 

 

我が家も妊娠糖尿病でハイリスク妊娠に分類され,何らかの問題が発生する可能性はあったわけで,これは他人事として考えられません。今後もいろいろな議論に触れていきながらじっくり考えていきたいと思います。

 

 

 

受精卵診断と出生前診断―その導入をめぐる争いの現代史

受精卵診断と出生前診断―その導入をめぐる争いの現代史