いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

親の監視と親の責任~そんなに完璧になれないよ

親の監視はどこまで?

親の監視が必要だというのは分かりますが,どこまで親の目が必要なのかというのはあります。2歳,3歳は親の目が必要だというのは分かりますが,それ以上はどこまで見ていればいいのでしょうか?

 

 

 少々目を離すのはしょうがない。だから逆に知らない子でも、明らかに危ないと思ったら直接注意した方がいい。お互いさま、だ。

 

少々のルール違反はまぁ、黙認してしまえばいい。でも、明らかに危険なこと、例えば「口に長いものをくわえたまま動く」「ブランコエリアに入る」などは躊躇せずに注意する。

 

遠巻きに、あぁ、あのお母さんがうちの子の相手してくれてるなぁ、と気付いたら、しばらく任せておいたっていい。でもあとで、「さっきはありがとうございます」とひと声かける。それだけでうんと気持ちがいい。これも、お互いさま、だ。

 

-----

 

4-6才の間、乳幼児ルームからは締め出され、小学生レベルのものにはついていけず、子どもだけで放っておくにはまだ危なっかしく、言うことは聞かないし喧嘩はするしうるさいしじっとしていないし……。意外と身の置き所が難しい。

 

親としてはしんどいところだけれど、「安全のため」とシンプルに捉えて、「野放し」は適度に。皆で大人の目を増やす工夫ができたらいい。

 

実際にはかなり難しいところはあります。また4~6歳児と一緒にいると,3歳児以下の子どもはかなり危険に晒されます。公園遊びはかなり難しいです。親の監視として親の責任のみにしないで,みんなで子どもを監視していく必要があるでしょう。

 

親の責任?

親だってちょと気が緩むこともあります。でもちょっと目を離しているだけで「本当に最近の親は」と言われたこともあります。しかも地域センターで…。

 

確かに目を離したすきに危ない目にあわないとは限らないけど,目を離してしまうこともあるでしょう。

 

また目を離していないとしても子どもがクズると「わがままに育てているからそうなるんだ」と言われることも。友達のお母さんは実際にスーパーで言われたのだとか。別に迷惑をかけているわけではないのですが…。

 

何でも親の責任として片づけることは簡単です。でもちょっと考えてほしいのです。みんなで助け合った方が楽ではないですか?先ほどの発言はおばあさんが言ったようです。でも年を取ったら自分も気を使われているというのを忘れてないでしょうか?

 

もちろん前提は親がしっかり見ることですが,子育てはどんな人も初心者からスタートするわけですから,もう少し暖かく見守って欲しいものです。

 

私は次の西野さんの意見に共感しています。こういう子育てが必要だと思いますが,今のような状況ではなかなか難しいでしょう。親の方が周りを常に気にしてしまうので…。

 

西野理事長は、「(子どもの将来を思って)正しく育てないといけない」という親の気持ちが、実は子どもにとっては「親の期待に応えないといけない」というストレスにつながると指摘。

 

 「今の世の中は子どもたちにとって安心して失敗できる環境なのか」と問題提起した。

 

 

 その上で、「親は成功を望むものだが、世の中は思い通りにいかないことの方が多い。その時にものを言うのは失敗体験」と強調。失敗させまいと先回りするかのように、“完璧な子育て”を志向する必要はないとし、「“正しい親”であろうと頑張りすぎないで」と呼び掛けた。

 

「ゆる親」になろう、たまりば理事長が子育て支援講座/川崎:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

 

 最後に

子育てをしているとどうしてもつらくなることがあります。その上,見知らぬ人から心ない一言をあびると,普段は耐えられたことでも耐えられないのです。そういう追いつめられた状況で子育てをしている人もいるということも忘れないでほしいと思います。

 

 

 

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)