読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

大学に人物の可能性なんて分かりません

中学入試関連 ニュース

最近,大学入試が人物重視で行うべきだという話が出ていて,「なんでそうなっているんだ?」と思っているわけです。入試というのはその大学の入口で,その後,その大学で学んでいくための訂正を測るために行われるんですよねえ?人物重視でテストして学問の適性が分かるんですか?それって大学の学問を否定してません?と思うわけです。

 

 企業が求める即戦力や意欲ある若者の育成は、大学の教育機能の向上が不可欠だ。入り口の入試も極めて重要になる。「1点刻み」の学力テストが2次試験から廃されれば、受験生の負担はある意味軽くなる。だが、面接や論文、課外活動の評価は新たな競争も生み出しかねず、大学がそこで受験生の可能性をしっかり見いだすことも容易ではない。トップレベルやマンモス大学からの反発も予想される。それでも、成熟期を迎えた日本が国際社会で生き残るためには「知識偏重主義」からの脱却が避けられないことを同会議は示そうとしている。

 国公立大入試:「知識偏重」より可能性発掘- 毎日jp(毎日新聞)

 

受験生の可能性なんて大学に見分けられるわけがないと思いますよ。だってそんな勉強してないですから。そういう改革をしても結局,損をするのは受験生だと思います。次の方のようにAO入試信じて全滅している方もいるようですから。

 

茂木健一郎に騙されて通信制高校からAO入試受けた結果wwww - Togetter

 

まあこういう事例は極端だとしても,日本の大学はダメだという割には人物重視にしたらその人の可能性を見抜くことができるってどういうこと?って思うわけです。そんな能力あったら大学の先生になってなっていません!!

 

政治家たちが人物重視するとか言ってますけど,あなたら人物重視にして大学合格しますか?と思ってしまいますね。

 下村文科相は「学力一辺倒の一発勝負、1点差勝負の試験を変える時だ」とし、新テスト創設の必要性を強調。さらに、大学ごとに実施する2次試験について「大学の判断だが(同会議では)2回もペーパーテストをしないで済むよう考えたい」「暗記・記憶中心の入試を2回も課す必要はない」と述べた。

国公立大入試:2次の学力試験廃止 人物評価重視に- 毎日jp(毎日新聞)

 

また世界に通じる人って知識偏重ではないんですか?優秀な人って良く勉強しているひとでしょ?

 

大学改革の時もそうでしたが,よくも分からんのに改革とかしないでほしいものです。学力の方が公平であり,分かりやすい。問題にするなら大学の教育の中身(カリキュラム)でしょ?いい加減にしてほしいものです。

 

 詳しくは芦田先生の本で。私はまだしっかり読んでいないので,しっかりとした紹介はできませんので,勘弁してください(芦田先生,すいません…)。