いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

自己肯定感の喪失~子育てで自分の欠点ばかり見えてくる

「自己肯定感」について書かれているブログがあり,そこで自己肯定感を育むために必要なことが7項目書いてありました。

 

  1. 自分を嫌う人よりも好きな人と交流する
  2. 他人の気持ちを疑わない
  3. 自分の長所を見つける
  4. 自分にできることをする 
  5. 失敗したことよりも成功したことを考える
  6. 自分に課したハードルを下げる 
  7. 色々な価値基準を探す

 「自分を肯定する」ということ。 - 隠れ家日記

 

 

確かにこれらができると良いのですが,育児中の方で子供を相手にしていると自分の悪い面ばかり見えてきます。子育てをしていると逆に自己肯定感が失われていくのです。実際に妻も含めて悩んでいる人も多いわけです。例えば以下の相談。

 

私には3歳の娘がいます

先日、子育てに息詰まり何気なく入った書店で気になる本を見つけ読みました

そこには子育てしていく上で自己肯定感を持たせてあげることの大切さが書いてあり、夢中で読み終えました。

とても共感したと同時に自分が自己肯定感が低い人間だったことに気づかされました

これは凄い衝撃で、気づき受け入れるのに時間がかかりましたが、全ての辻褄が合ったような

すっきりした気分さえ感じました。

 

私は長女でかわいがられ育てられたのですが、3つ下の妹が産まれたときから(泣き虫で体も弱めだったため)親の時間が妹に向けられ、そのギャップが悲しかった記憶があります

そしてお姉ちゃんだから我慢しようね!って言葉に答え、しっかりしたお姉ちゃんでいれば親に認められると思い甘えるのを我慢して、いいお姉ちゃんをずっと演じてた気がします。

 

父親はあまりほめてくれない人で、今でも何かにつけて否定ばかりしています

(たとえばTVの中の芸能人とか、飲食店に行くと料理の内容など)

子育て中は、女癖が悪く、母に家のことはすべて任せ不在がちな人でした。

 

もちろんいい面もありましたが、かなりざっくり書くとこんな環境で育ちました

(なんだか書いてて虚しくなりましたが、けして被害者ぶりたいわけではありません 笑)

 

そんなわけで、私はたぶん自分に自信がなくて旦那が好きだよっていってくれても「あっそ」って流したり、わざと冷たくしたり自信がないのに自信のあるふりしたり…

 

このままじゃ娘にも影響して、娘まで自己肯定感の低い人間に育ってしまうと思うと絶対に良くない!この負の連鎖を止めなくては!と思ったんです。

子供と自分の自己肯定感を高めたい - 育児 - 教えて!goo

 

次の本でも実際に相談されてる方がいました。

 

 

続 子どもへのまなざし

続 子どもへのまなざし

 

 

 私は,自分をありのままに認める,自分を好きになる,自信を持つということがなかなかできないのです。そうすると子どもや他人のことも,ありのままに認めることができずに,考えれば考えるほどできなくなって悩んでいます。私は欠点や弱点は直していくように,努力した方がいいでのはないかと思っています。(四歳の二歳の子の母親)

(130頁)

 

このような人って多いように思えます。他人を相手にしてうまくできないと,自分の無力感を突き付けられて,どんどん自分が嫌になってしまいます。「なんで私はこんなにダメなんだろう。それに比べてあの人は…」。子育てをしていれば一度は陥る思考ではでないでしょうか。

 

これに対してこの本では次のように述べています。

 

 人間というのは,ありのままの自分を受け入れてもらえなかった,あるいは,愛してもらえなかったという場合,自分に自信が持てなくなってしまうものなんですね。そして,どうしてなんだろうと考えたときには,きっと自分の短所や欠点に目が向くと思うのです。それから,自分の短所や欠点を直そうとするのではないでしょうか。

 それでも,なかなか人から受け入れてもらえない場合,それは自分の直そうという努力が足りないんだと思ったりします。けれども,そうではないんですよ。自分の短所や欠点を直せないから,人から受け入れてもらえないということではないのです。反対に,ありのままの自分を受け入れてくれる人がまわりにいると,たとえ短所とか欠点とかがあっても,もうそんなことはきにならなくなるものなんです。

(130~131頁)

 

要するに周りに受け入れてもらうということですね(先ほどのブログで言えば1)。家族でいえば旦那さんの役割はとても重要だということでしょう。しかし,旦那さんは常に奥さんの相手をしてくれないのに,奥さんは子供の相手を毎日しなければならない。それは自己肯定感がなくなっていきますよねえ…。

 

子育てを一人でしていると孤立感というのがどんどん深まっていきます。気の合う仲間を見つけ,そこで一緒に子育てできると自己肯定感が増すとまではいいませんが,多くの人に励まされるので,少しは子育てに自信が持てるようです。

 

うちの妻の場合,息子が自分に似ているところがあるらしく,見ているだけで自分が嫌になってくる時があるとか。そういうところ,皆さんはありますか?私は息子があまり自分に似ていないのでそういう気持ちにならないんですよね。全く違う生物として扱っています(笑)。

 

子育てをしていて自分の欠点ばかりが見えている人,それは自分が考えているほどの欠点ではありません。自分の好きになるのは難しいですが,人に話せるようになったら少しは楽かもしれません。妻を見ているとそんな気がします。