読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

猪瀬対みのもんた~対応がまずいのは?でもその影に…

ニュース

猪瀬直樹東京都知事徳洲会から5000万円のお金を借りた事件。説明が二転三転して批判を浴びています。そんな中,以下の記事が目に留まり,これは検証してみなければ思い,調べてみたのですが…。

 

 「起こした問題が非常に重大で、さらに説明が二転三転しているという点では、次男の問題でバッシングを受けたみのもんた氏よりも対応がまずい。説明が二転三転することは、危機管理上、最もやってはいけない」

 危機管理対策に詳しい「リスクヘッジ」代表の田中辰巳氏はこう指摘。「たとえ苦しい説明であっても、内容は一貫することが非常に重要。謝罪会見は『解毒』のために行うものであり、説明がコロコロ変わるとかえって『毒』を増やしてしまう」と話す。

猪瀬氏は「みの以下」 お粗末すぎる危機管理 説明が二転三転する会見 - ライブドアニュース

 

猪瀬直樹東京都知事の説明

批判されたのは以下の部分でしょうね。

 

猪瀬氏は今年11月22日午後1時すぎの囲み取材では、選挙目的だったことを認め「資金提供という形で応援してもらうことになった」と明言。「選挙にはお金がかかるかもしれない」「使った場合には収支報告書に書くつもりだった」との認識も明らかにした。

 

だが、2時間後の午後3時の定例記者会見での説明は一転する。「選挙資金でないと断言できる」「まったく選挙で使うつもりはなかった」と連発。個人として「たまたま借りた」と強調した。

【都知事に5000万円】選挙資金? 借用書は? 猪瀬知事、話せば話すほど矛盾だらけ+(2/3ページ) - MSN産経ニュース

 

それで借用書を出せということになって,借用書を持っての会見になるわけです。

 

東京都の猪瀬直樹知事は26日、都庁で記者会見し、公職選挙法違反事件で、東京地検特捜部の捜査を受けている医療法人徳洲会グループから、現金5千万円の資金提供を受けた経緯について改めて説明し、徳田毅衆院議員との間で交わした借用書を公開した。

 

まあ徳田氏の奥さんが借用書など見たことがないと言ったのも問題に拍車をかけたのですが,この説明の変更は「猪瀬さん,おかしいよ」と言われても仕方ないですね。

 

それで今はこんな問題になっているようです。

 

 医療法人「徳洲会」グループから5000万円を提供されていた東京都の猪瀬直樹知事が「個人的な借り入れだった」と主張している問題で、当時副知事だった猪瀬氏の行為は利害関係者からの借金などを禁じた「都職員服務紀律」違反に当たる疑いがあることがわかった。都によると、違反した職員は免職など懲戒処分の対象になるが、知事になった猪瀬氏は対象外といい、専門家から「知事は一般の職員以上に倫理面の厳しさが求められるのに」と批判が上がっている。

<猪瀬都知事>5000万借金は内規違反、職員なら免職も (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

とにかく最初の説明が痛かったですね。それが最後まで響いている印象です。さて,一方,みのさんは…。

 

みのさんの説明

みのさんが責められているのは以下の点でしょう。

 

 9月13日の会見では、成人した息子を「何の関係がある」と突き放したみの。しかし「厳しい活字の攻撃で、ここまで叩かれると思いませんでした。自宅に引きこもる状態の中でいろいろ考えて、私の育て方、接し方、人間性に問題があったのかなと考えるようになった」と心の変化を説明した。

 

最初は親の責任はないと言ったのに,その後,親の責任を認めるに至った点です。猪瀬知事との違いは…。よく分かりません。立場の違い?私にはどちらの方が説明が下手なのか分かりません。次のような発言を聞くと,もはや説明責任とか以前の問題のように見えるのですが…。

 

一方、タレントのみのもんた(69)が、14日に東京・青山葬儀所で営まれる葬儀・告別式に参列しないことが判明。9日放送の文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」の番組内で「私のカムバックにふさわしい舞台を用意していただいた」と参列すると明かしていたが、ネット上で「不謹慎だ」と批判が集中していた。関係者によれば、10日の通夜に参列したという。

みのもんた、島倉さん通夜に参列 「カムバックにふさわしい」に批判 - MSN産経ニュース

 

実は一番得している人が…

しかし,みなさん,忘れていませんか?この影で得している人物…。そうです,徳洲会事件の当事者である徳田毅議員!!

 

 医療法人「徳洲会」グループの公選法違反事件で、東京地検特捜部の強制捜査が始まって1カ月―。ところが、いまだに当の自民党の徳田毅衆院議員(鹿児島2区)からは公の場でいっさい説明が行われていません。

 

 15日に臨時国会が始まり、衆院本会議で代表質問も行われましたが、徳田議員の姿は本会議場にありませんでした。

 

 昨年12月の総選挙で3選した徳田氏。徳洲会グループは、徳田氏の選挙区に系列の病院職員多数を派遣し、欠勤分の給料をボーナスで補てんするなどして選挙運動の報酬を支払った疑いが指摘されています。

 

 

 徳田氏は2010年4月6日の衆院財務金融委員会で、鳩山由紀夫首相や、小沢一郎民主党幹事長(いずれも当時)ら民主党政権をめぐる「政治とカネ」の問題を取り上げたことがあります。「だれ一人として説明責任を果たしていない」「このまま国会が終わるまで何も説明責任を果たさないというのは、本当に大きな問題」などと菅直人副首相・財務相(当時)らに迫りました。

徳田議員 本会議サボり?/公選法違反事件 説明せず

 

こんなこと言っていたのに,一切説明はせず本人は雲隠れ。彼のことを忘れてはいけませんよ,皆さん。自民党としては雲隠れしてくれた方がいいのかもしれませんが,それで終わりにさせないようにしないとね。

 

医療法人「徳洲会」グループの選挙違反事件で、親族が逮捕された徳田毅(たけし)衆院議員(42)=鹿児島2区=の資金管理団体が、閣僚七人を含む国会議員九十人の資金管理団体などに資金を支出していたことが、二〇一二年分の政治資金収支報告書で分かった。政治資金目的のパーティー券購入が大半で、徳田議員がグループ企業や取引先から幅広く集めた資金を使い、政界への影響力を高めようとしていた実態が浮き彫りになった。

東京新聞:薄く広く徳洲会マネー 国会議員90人に支出:社会(TOKYO Web)

 

 

徳洲会はいかにして日本最大の医療法人となったのか

徳洲会はいかにして日本最大の医療法人となったのか