いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

結婚してよかったことを10項目挙げてみました

婚学もあるし,結婚ネタがいろいろと出ているようなので,結婚していったい何がよかったのか考えてみました。それで以下の記事。ちょっと私の状態に近いかも…。

 

 金がどうとか仕事がどうとか、生活はやっていけるのかとか、そうじゃないだろ?二人でやっていくんだろ?お互いがお互いのパートナーとして支え合っていくのに、相手の年収を気にするのっておかしくないか?

どちらかがどちらかを食い潰したり楽しようとする考えがなければ、一人の時よりもマイナスになることはないんだ。今自分一人で生活できているなら、それ以下になることはあり得ない。

相手の人格ではなく、仕事や年収を気にして結婚を考えるというのは、結婚という制度を利用して、他人に頼って自分が楽しようとしているだけじゃないのか?

 

理想の結婚って…

 

 

これはその通りなんだよね。確かに子供ができると金が必要になるので,稼がないといけないというのはあるのだけれども,こういう気持ち忘れてはならないよね。で,実際,私もほとんど貯金ゼロでしたし,定職ありませんし,よく結婚できたなあと思います(妻のおかげですね)。

 

結婚してよかったこと

それで実際に結婚してよかったことって何だろうなと10項目挙げてみた。

 

1.辛い時に味方になってくれること

仕事,研究などをしていれば辛いこともあるわけですが,そんな時にその悩みを打ち明けられる人ができたのはとても大きいです。他の人に言ってもその仕事,研究について知らないと理解できないですからね。そして妻は常に私の味方になってくれます。


2.子どもが持てたこと

男一人では子供は持てないですからね。育児は大変ですけど,子供の成長を見守るのは楽しいです。まあ,自分に似てないので楽しいのかもしれませんが…。


3.健康になったこと

男の一人暮らしはどうしても食生活が乱れます。妻はいつもお弁当を作ってくれているので,以前よりかなり健康にあり,中性脂肪が減りました。


4.いっしょに仕事ができること

我が家の場合,自宅で仕事をしている日もあるので,一緒に仕事ができるのは良いですね。相談もできますし,引き受けることができる仕事も2倍になりました。


5.自分がやっていることを理解してくれる人ができたこと

研究者というのは周りにほとんど理解されません。30歳超えても勉強しているなんて言ったら,いつになったら働くんだと怒られます(実際に私の実家はそうでした)。そんな中で研究について理解を示し,結婚してくれるというのはかなり珍しいと思います。うちの親は「彼女を逃がしてはいかん」と結婚を早くさせようとしていました…。


6.面白いことが増えたこと

うちの妻はちょっと変なので,おもしろいです。そういうところが人に好かれるのでしょうね。私のように人と接するのが苦手な人からすると,すごいなと思うのですが,妻はそう思っていないようです。打算がないんですね…。

 

7.外に出るようになったこと

研究者なので家にいるのがほとんどで,横浜に住んでいながら横浜駅の方にはほとんど行ったことがありませんでした。外に出る方が気分が良くなるんですね。当たり前か…。

 

8.実家の両親がとても喜んでいること

独身時代,ほとんど家に帰ら中たのですが,結婚してから毎年,2~3回帰っています。それも妻が私の両親と仲良くしてくれているからでしょう。親としてはこんなにうれしいことはないようです。最近は子供を連れて,先に帰っていることもあります…。


9.仕事に対する責任感が出たこと

そもそもあまり仕事に興味がない人間ですので,家庭を持って初めて仕事を頑張ろうと思いました。一人だったら何とかなるものも家族がいたらそうはいかないですからね。

 

10.夜,さみしくないこと

冬の夜の一人暮らしはさびしいですよね…。もう昔のことで忘れてしまいました(笑)。

 

ざっとあげてみましたけど,ほかにありますか?私は今思いつきませんが,何かあったら教えてください。デメリットはネットで山ほどありますからメリットあげないとね。婚学より役に立ちそうです(笑)

 

 

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)