読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

塾業界のバイトテロ~塾業界で耳にする話

バイトテロでお店が潰れる。そんなことが現実に起こりました。ツイッターでいろいろな投稿がなされていたのは記憶に新しいと思いますが,以下の記事で「バイトテロ」をされた側の手紙が公開されています。

 

 そしてあの事件から早4カ月近く経った今、彼らのやった事は一生許す事はできないし、その子(今ではもう立派な大人です)も憎いですしその親達にさえあきれるばかりです。

 決して世の中の役に立つ人間になれなどとは申しません。でも少なくとも、人には迷惑をかけるな、ありがとうとご免なさいをなぜ言えないのかと。

 やはり今後、裁判になる可能性は高いと思います。そんな中で損害賠償が支払われたとしたら、それはもう私が受け取るべきものではありません。

 そして私は先程の「決して世の中の役に立つ人間になれなどとは申しません。でも少なくとも、人には迷惑をかけるな、ありがとうとご免なさいをなぜ言えないのかと」の言葉通り、さらにつけ加えるなら、人様に借りたものは必ずお返しする。それらができたビジネスウーマンで終えることができます。

 そしていつか死を迎える時は、主人の様に沢山の人達に見送られて旅立てたら、こんなに幸福な事はありません。

 「バイトテロ、一生許せない」 あのそば店社長からの手紙:日経ビジネスオンライン

 

 

飲食店もバイトが多いですよね。塾業界はもっと多いです。ただアルバイトも正社員も生徒や保護者から見たら同じ「先生」であり,同じ金額を払っているわけですから,同じ授業水準が要求されるのは当然な訳です。

 

しかし,中にはアルバイトなんだからという意識が強く,「今日は雪が降っているので行きません」→その後,行方不明ということもありました。塾ですので,突然,先生が来ないと大変。アルバイトが多いということは授業に入らない先生がその場にいるということはないので,まあ大変な状況になるわけです…。

 

しかし,「塾に来ない」という程度のものは「バイトテロ」とは呼べません。最悪の「バイトテロ」とは何かというと生徒と付き合うということ。中学生の女子は精神年齢が高いので,大学生の先生が大人の男性に見えるのでしょう。それで告白されることは多く,ほとんどの人は断るわけですが,中には付き合う輩が…。

 

で,中学生ですので,そういうのが親にばれるわけです。そして,クレームの電話…。塾長は激怒→そのアルバイトは首という流れ。普通はそれで終わりになります。これは塾の信用問題になるので,「テロ」に相当するでしょう。

 

こういう問題は最近起こったものではないはずですから,最近の若者に特有の現象ではないですが,塾側としては本当に困るわけです。個人情報は交換しないということを徹底している塾もあります。

 

前述したようにアルバイトでも正社員でも同じ先生ですから,そういう意識を持って仕事に取り組むべきだと思います。私もアルバイトですから,塾業界が時間外労働をさせるという体質があり,時給換算するとコンビニよりも安いということもあるのはよく分かっていますが,それでも正社員に負けないというプロ意識は持っているつもりです。

 

もちろんこのような話は頻繁に聞かれるものではないですが,そのような当事者にならないようにアルバイトの皆さんには気を付けてほしいものです。

 

 

嗚呼!おバカ大学生

嗚呼!おバカ大学生