いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子どもがいて幸せと思った瞬間~同時にイラッとする瞬間も(笑)

子どもを見ていると面白いなあと思う瞬間とイラッとする瞬間と両方あると思います。今日も,保育園へ自転車で行くと言ったのに自転車に乗ったら「ヘルメットかぶらない。バスで行く」と叫んでいました。今日の横浜はとても寒い。駐輪場で凍えそうになりました…。

 

そんな日々が続いているわけですが,次の記事では幸せを感じる時と叱ってしまった時の両方が書かれていますのでご紹介します。まずは幸せを感じるとき。

 

 ◆「幸せを感じた瞬間は?」

1位 かわいい笑顔を見たとき 115人

2位 成長を感じてほのぼのしたとき 63人

3位 毎日。いつもそう思います 62人

4位 買物や食事、旅行など家族一緒に過ごすとき 61人

5位 寝顔を見たとき 58人

6位 「大丈夫?」など優しい言葉をかけてくれたとき 37人

7位 「ママ大好き」って言ってくれたとき 32人

8位 かわいい仕草や言動を見たとき 31人

9位 「ママ~」って寄って来るとき、甘えてくれるとき 27人

10位 抱きついてきたときや抱っこしたとき 15人

子どもがいて幸せ!と思った瞬間は? ~新米ママ500人に聞きました | ダ・ヴィンチ電子ナビ

 

ビデオや写真を見返すと子供の成長を感じることができて,「幸せだなあ」と思うことがあります。妻はいつも「かわいい,かわいい」と言っています。でも同時にイラッとする時もあることです。

 

 ◆「今まで一番叱ってしまった子どもの言動は?」

1位 わがままで何度言っても言うことを聞かないとき 89人

2位 「くそばばあ」「死ね」など言葉遣いが悪かったとき 62人

3位 食べ物を粗末にするなど行儀が悪いとき 44人

4位 友達に意地悪するなど他人に迷惑かけたとき 42人

5位 叩いたり蹴ったり乱暴したとき 36人

 子どもがいて幸せ!と思った瞬間は? ~新米ママ500人に聞きました | ダ・ヴィンチ電子ナビ

 

 

私の息子の場合,イヤイヤ期なのでこれがわがままなのかそういう時期なのか判別負荷のです。以前もこんな記事を書きました。

 

妻と私が子育てしていてイライラする息子の行動ベスト10 - 研究者はつらいよ~研究者の子育てブログ

 

子どもにとっては親と遊んでいるという感覚があるようで,笑顔で逃げ回ったりしているわけですが,親の方には計画というのありまして,時間を守らないといけないんですね。「保育園に間に合わなくなったら困るんだぞ」と言ってもへらへらしている我が息子。仕方がないのですが…。

 

こんな息子は保育園でもへらへらしているようで,先生がトイレだよと言っても逃げ回っているわけです。先生の様子を見ながらいたずらしているようで,先生には「頭が良いので…」と言われていますが,単なるいたずら小僧だろと思ってしまいます(笑)。

 

親も子供と格闘しながらそれぞれの子育てを模索していくわけで,それが正しいかどうかはよく分かりませんし,結果が良かったから正しい,悪かったから正しくないとも言えないのが子育てかもしれません。以下の部分は「ああそうだなあ」と思えることばかりです。

 

しかし親だってひとりの人間。カンペキではない。理想と現実のギャップに苛立つこともあれば、感情を抑えきれないことだってある。「子育てでこうすればよかったと思うこと」の質問については、「大声で怒らなければよかった」「もっと絵本を読んであげればよかった」「もっと褒めてあげたかった」といった後悔の念が目立った。自分のダメ親ぶりを責めるママたちは、多くの母親たちにとって決して他人事ではないだろう。

 

 でも彼女たちは、それが子どもに悪かったと反省している時点で、親としての自覚をちゃんと持っているともいえる。なかには「特にない」ときっぱり言い切るママや、「ありすぎてこたえられない」というママもいたが、親がいくら立派でも子どもが同じように育つとは限らないし、親がダメ人間なら反面教師になる可能性だってある。結果がどう出るかわからないのが子育ての面白いところでもあるのだ。

 

 そうやって、親も悩み迷いながら子どもと一緒に成長していくなかで築いた我が家流の子育てテクニックを聞くと、「とにかく褒める」「あまり言い過ぎない」「怒ったあとは抱きしめる」「パパが叱り上手なので、ママが叱りすぎると思ったらパパにバトンタッチする」、「欠点を直そうとしたり苦手なことを無理にやらせるのではなく、得意なことや長所を伸ばす」などが挙がった。

 

 

 なるほどと持ったのは、「細かいことを気にしない」「カンペキを求めない」、「あまり構わずほうっておく」、「だいたい適当に」「おおざっぱなほうがイライラしない」といった意見。子育てに限らず、仕事でも、夫婦でも、相手に期待しすぎないほうがうまくいくことって実は多いのかもしれない。

子どもがいて幸せ!と思った瞬間は? ~新米ママ500人に聞きました | ダ・ヴィンチ電子ナビ

 

「ゆる親」ぐらいがちょうどいいのでしょう。「正しい子育て」など求めず,自分にあった子育てを目指していくのが良いのではないでしょうか?