いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

誰が言い訳を有意義と判断するか

「言い訳するな!」というのは部下がそれ以上何も言えなくなるので,無意味だという日野さんの意見,それはもっともだと思います。そういう恫喝をすることで部下が何も言えなくなるのは確かでしょう

 

 一般的には、言い訳は悪いこととされている。しかし、本当にそうなのだろうか。たしかに、なんでもかんでも人のせいにして自己弁護ばかりするというのはあまり褒められたものではない。でもだからと言って、あらゆる言い訳を封印するべきだという考え方には僕は同意しかねる。言い訳であっても、それが事実なのだったら、耳を傾けるべきなのではないだろうか。

 「言い訳するな!」という恫喝の無意味 - 脱社畜ブログ

 

 

しかし言い訳に良いものと悪いものがあると認めた途端,それは誰がそれを判断するのかという問題になってしまいます。

 

もちろん、言い訳の中には全然理由になっていない、自己保身目的の耳を傾けるべきではないものも多くあるだろう。そういう言い訳は、「説明になっていない」と指摘して却下すればいい。言い訳をさせた上で、それはおかしいと言えばいいのだ。「言い訳をするな」と言い訳自体をすべて封じてしまう必要は全然ない。

 

 

何か失敗をした際に、他責をしない態度はたしかに立派に見えるけど、本当に原因が自分以外のところにあるのだとしたら、その事実と向き合わなければどうせまた同じ失敗を繰り返す。次に繋げるためにも、有意義な言い訳は排除すべきではない。

「言い訳するな!」という恫喝の無意味 - 脱社畜ブログ

 

この場合,言い訳が有意義かどうかの判断は上司に委ねられるわけで,上司が悪い言い訳と判断すれば「言い訳するな!」となってしまうわけです。

 

この記事について「言い訳と説明は違う」とか「言い訳しないことと、報告をしないことは違う」という指摘をする人がいるけど、これは結構微妙な問題だ。「こういう場合は説明・報告で、こういう場合は言い訳だ」という明確な線引きが働く人全員の間で同じように共有されているのであればいいのだろうけど、現実にはそうなっていない。

 

上記の「こういう場合は…」の部分の「説明・報告」を「有意義な言い訳」にして,「言い訳」を「悪い言い訳」にすれば全く同じことを言っていることになります。

 

結局,有意義かどうかの価値判断は上司・会社に委ねられ,業務に対する評価も上司・会社が行うわけですから,部下の側から有意義かどうかは決定できないシステムなのです。

 

部下の側からすれば「すべて私の責任です」と言った方が上司や会社からの評価が上がるのであれば,それを選ぶことの方が会社での生存戦略として良いのではないの?となります。ただしこれも上司や会社の評価基準によるので,しっかりと原因を告げた方が評価があがるのであれば,そちらを選んだ方が良いわけです。

 

「もっとこうしたらいいのに」「こうすればうまくいくのに」という思いは誰しもが常に持っていると思いますが,それを言うことで評価が下がるのであれば,言わないという選択が特段悪いとは思いません。もしそれが嫌な人は会社で生き抜くために言い方を工夫しているはずです。

 

「今回は私の責任です。次回は○○という部分を改善していきたいと思います」など使いませんか?

 

これって会社を変えたりフリーになったりしても基本的に変わらないと思うわけですが,そう思うのは私だけでしょうか?

 

 

言い訳にサヨナラすればあなたの人生は輝く

言い訳にサヨナラすればあなたの人生は輝く

  • 作者: ショーン・スティーブンソン,アンソニー・ロビンズ(序文),大江聡子
  • 出版社/メーカー: 成甲書房
  • 発売日: 2011/03/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る