いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

社会全体で子育てを

次のような記事を見つけました。子育ては社会で行おうという提案です。

「社会全体で子育てを」岡山の男性が育児保険構想(朝日新聞)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用: 
「基本的な考え方は、子どもをつくらない選択をした人に、子育て費用と同規模の経済的負担をしてもらう、というもの。子育てを支援するだけでなく、保険料負担から逃れようと、婚活をして子どもをつくろうという動機を高める目的があります」

 もちろん、健康上の事情などから子どもをつくれない人からは保険料を徴収しないなど、制度をつくる上で細部に気をつかう必要がある、と話す。

 子どもをつくった人だけが直接の受益者になるため「不平等」にもみえるが、「40歳以上の国民から徴収する介護保険も、健康な人からすれば『不平等』だが介護を必要とする人を社会全体で支えるもの。それと同じ」と話す。子どもたちが働き手として将来、社会を支える、という意味では国民全員が間接的な受益者になるという思いもある。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

子どもは社会で育てるものという意識の定着は難しいですね。子供手当「バラマキ」と批判する政党が政権をとっていますので。

ただ現状では子どもを産んで育てることが難しい社会であることは間違いないと思うのです。これからも研究とは別にいろいろ考えていきたいと思います。



ランキング向上にご協力ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村