いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

親の時代とは大違い 高校受験「内申書」の真実(日経新聞より)

今回は高校受験。高校受験は内申点があるのでということで中学受験をする人がいましたが、最近の内申点の扱いはずいぶんと変わってきました。

親の時代とは大違い 高校受験「内申書」の真実(日経新聞)

------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:高校受験シーズン本番。「先生に反抗すると内申に響く」などという表現をいまだに聞く。しかし、中学校においての成績評価の仕方や高校入試における内申点の扱いは、親の頃とは全く変わっているのだ。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏が謎に満ちた内申書の真実を東京都・神奈川県の例をもとに解説する。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


これが上記の日経新聞の記事の目的。ずいぶんと変わってきているのが分かります。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

引用:
Q レベルの高い子が集まる中学では、良い内申点を取ることが難しい?
A 「相対評価」ではないので、そのようなことは起こらない

 2002年度に「相対評価」から「目標に準拠した評価」、いわゆる「絶対評価」に変更された。「相対評価」の場合、学年内の順位によって「評定」が決まっていたので、レベルの高い学校の生徒は相対的に「評定」が厳しくなる傾向があった。しかし現在は、学習指導要領が定める「教科の目標」に対する到達度による「目標に準拠した評価」になったので、そのような不公平は理論上起こらない。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

これは怪しいと思う。あくまでも「理論上」


こういう高校入試制度の変化も見ながら中学入試をするかどうかも考えていく必要がありますね。


ちなみに私の塾では姉の高校入試が大変過ぎて妹は中学入試をさせたいと言ってきた方がいました。


姉妹ダブル受験で両方第1志望校に合格できました。本当に良かったです!



ランキング向上にご協力ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村