いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「書けない」のではなく「書かない」のです〜国語記述問題編

中学入試の国語で「時間がないから答案が埋まらなかった」と言われることがあります。


それでは、と思い、時間を無制限にしても埋まらない。

こういう場合は単に「書かない」という状態です。


そこで次に出てくるのは「分からないから書けない」です。しかし、私はこういう生徒に「書きなさい」とは言っても、「正解しなさい」とは言っていないのです。


ですから自分がここだという所を書けば良いのです。間違って初めてアドバイスができます。白紙ではアドバイスできないのです。


それを繰り返すことで成績が上がっていきます。そういう生徒を多くみてきました。国語が苦手な皆さんはぜひ試して欲しいと思います。





ランキング向上にご協力ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村