いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

認可保育園に入る裏ワザ??

待機児童の問題が深刻化していますが,次のような記事がありました。


認可保育園に入れる裏ワザって? 保育情報アドバイザーに聞いた

引用
「裏ワザとまではいきませんが、例えば、年明けごろから週に数日間仕事に復帰して、預かり保育やベビーシッターなどを利用し、『保育の必要性』をアピールするというのは有効です。ほかに、効果のほどは分かりませんが、保育園入園の申し込み時に、認可保育園に入る必要性を説いた陳情書を付けて提出する、こまめに役所に行き常に空き状況を確認するなどといった方法もあります」

また、三木氏が提案するのが「保活(保育園に入るための活動)」だ。
「保育園に子どもを入れるためには、ただ書類を自治体に提出するだけではダメ。就職活動と同じで、しっかりと計画を立てて活動することが大切です。まず、子どもを妊娠したらすぐに、保育所リサーチをはじめること。それも、自分が住んでいる市区町村だけではなく、近隣の市区町村も視野に入れたほうがベター。これは、自治体によって保育環境が大きく違うからです。例えば、品川区は第二子枠というものがあり、第一子が認可保育園に通っている場合、第二子も優先的に認可保育園に入れます。これを知っていれば、将来子どもが2人欲しいと思っている家庭は、品川区への引越しを考えるかもしれません」

これぐらいはみんなやっていると思いますよ。ちなみに横浜市はこちら↓

待機児童数ワースト1位だった横浜市が、100%保育所に入れる市になれたワケ


引用
単純に認可保育所を増やすだけでなく、幼稚園の預かり保育や一時保育などの多様な保育サービスを拡充する『ハード面の取り組み』と、保護者ひとりひとりと対話しながらその人に合ったサービスを紹介する『ソフト面の取り組み』の両方を進めました。近年では、保護者の生活スタイルが多様化しているため、それに見合う多様なサービスと、それを適切に選択できる仕組みが必要だったのです」


これから住む場所も重要になりますね。

ランキング向上にご協力ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村