いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

教育格差は存在するの?

教育格差は収入するのでしょうか?気になる記事がありました。

教育格差は存在するのか 親の所得と子どもの進学の関係


引用
この結果について、関西社会経済研究所は「親の資産による教育格差が存在している。これ以上の格差拡大を防ぐため、子ども手当ては必ず教育費に充当されるような支給方法が望ましい」としている。

確かに収入が高ければそれだけ教育にかけるお金も増えるのでしょう。


引用
親の職業と子どもの職業に、何らかの関係があるのだろうか。本人が会社役員の人の40%は、親も会社員。自営業を営んでいる人の31%は、親も自営業であることが分かった。またアルバイトをしている人の17%は、親もアルバイトをしている。ちなみに職業別の平均年収を見ると、会社役員は801万円、会社員が727万円、自営業が507万円、アルバイトが172万円。親と子どもの職業を見ていると、“階層の固定化”がうかがえた。


優秀な学生には給付型の奨学金などを充実させていくのが大切ですよね。



ランキング向上にご協力ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村