いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

教師が手ぶりを交えて教えると数学の成績が上がるんだって

教師が手ぶりを交えて教えると数学の成績が上がる…そんな実験結果があるようです。

教師の手振りで数学の成績が上がる(ナショナルジオグラフィック)

引用
手振りが生徒の学習能力の向上につながることは過去の研究でも示されている。しかし、その理由はほとんどわかっていない。

 フェン氏とクック氏によれば、手振りは特に数学問題の構造理解を助けるという。等式の両側を両手で強調すると、生徒は数字に惑わされることなく、一番の目的は左右を同じ値にすることだと理解した。

「一方、指導者が言葉だけで解説すると、生徒は数字そのものに注目してしまう。しかし、問題が変われば数字も完全に変わってしまうので、生徒は混乱する」とフェン氏は話す。

 また、フェン氏によれば、手振りを見た生徒は問題の概念だけでなく、指導者の動きまで覚えている可能性があるという。「他人の行動を見ると、同じ動きを司る脳の領域が刺激されるからだ」。


確かにたんたんと授業をしているだけでは覚えが悪いですね。身ぶりも交えて絶対に覚えてほしいところを強調するような授業が理想です。人間の集中力はそんなに長い間続かないのですから。

ランキング向上にご協力ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村