いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

育休3年は良い結果をもたらすか

育休3年がさまざまなところで取り上げられているようです。今回は以下のブログを紹介します。


女子大生でも分かる、3年間の育児休業が最悪な結果をもたらす理由。


引用
現状で他の法律やルール、慣習を一切変えずに育児休業だけ3年延長を強制すると、経営者は女性を避けて男性を優先して雇うようになるだろう。

すでに雇われている人が出産を機に退職するケースは減るかもしれない。しかし女性の雇用は減る。つまり、出産適齢期に雇用率が下がる「M字カーブ」の落ち込み方は緩やかになる一方、女性の雇用率は全体的に下がる。女性の雇用促進は労働人口の減少や景気悪化を防ぐ事が目的である以上、これでは何の意味も無い。


確かに女性を雇わない,もしくはパートで済ますということはあるでしょうね。


引用
そもそも3年に延長する以前に取得すら出来ない企業が多数ある。育児休業は期間の長短より取得できない事に問題がある。これは、待機児童が増える一方で、保育園の無償化を進めようとするトンチンカンな政策についても全く同じ事が言えるのだが、運良く支援を受けられる人にだけ手厚い保障を提供する前に、支援を受けられない人を減らす事が先ではないのか。お客様に話を聞いていても育児休業なんて絶対取れませんよ、という人は少なくない。3年に延長する前にまずは半年でも1年でも良いから希望する全ての女性が確実に育児休業を取得出来るようにすることが先ではないのか。


非正規の人たちが育児休業を受けられれば良いと思いますね。


引用
最終的には3年間の育児休業を法律で強制しても良いし、国が支援をしても良いと個人的には思う。しかしどこかに「穴」が開いた状態で規制をかければ歪みが別の場所に発生する。

ここで言う穴は男性の長時間労働だ。男性を好き放題に使える状態があるから城氏も指摘するように、企業は女性を敬遠して男性ばかり雇用するようになる。これは企業にとっては正しい行動だが、社会全体ではマイナスの行動だ。男性は長時間労働でウツ病になり、女性は子供が生まれると半数が仕事を辞め、結果として子供は増えない。国全体で見れば少子化が進みウツ病は国民病となり、良い事は何も無い。政策を実行するにはまず穴を埋めてからでなければ、良い政策でもマイナスの効果を出てしまう。


こういう歪みが出るのは確かですね。ますます男性が長時間労働を強いられるとしたらたまったものではありません。


ようするに子育ての全体像を描いてから各論を考えるべきだということ。最近の政治はどうもそういう視点がないですね。


子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村