いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

妊娠に関する知識が普及すれば出生率が上がる?

政府は10代で「女性手帳」を配って将来設計を考えてもらおうとしているようです。


何歳で妊娠? 人生設計考えて… 10代から「女性手帳」 骨太の方針で調整(産経新聞)


引用
 医学的に妊娠・出産には適齢期(25〜35歳前後)があるとされる。加齢に伴って卵子が老化し、30代後半からは妊娠しにくくなったり、不妊治療の効果が得られにくくなることも明らかになっているが、学校教育で取り上げられていない。

 女性手帳では、30歳半ばまでの妊娠・出産を推奨し、結婚や出産を人生設計の中に組み込む重要性を指摘する。ただ、個人の選択もあるため、啓発レベルにとどめる。内閣府はまた、経済事情などを理由に結婚に踏み切れない状況の改善にも取り組む方針で、新婚夫婦への大胆な財政支援に乗り出す。日本産科婦人科学会の生殖補助医療(高度不妊治療など)の年齢別結果(平成22年)によると、35歳前後で20%台前半だった妊娠率は40歳で15%を下回った。


このような知識の共有はもちろん必要ですが,現実問題としては子育てにいくらお金がかかるのかという知識も教えておいた方がいいですね。


それと同時に保育所の整備なのハードの方の整備も必要です。いろいろな方針が発表されていますが,どうまとままるのか,はっきり示してほしいですね。幼児保育無償化はどうなるのかな?



子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村