いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

放任主義が一流を育てる?

一流大学出身者にアンケートを取ったところ,放任教育が一流を育てるということが分かったようです。以下,東洋経済の記事から引用します。

“放任教育”と“ほったらかし教育”の違い


引用
アンケートに協力してくれた学生の9割が、家庭では放任教育か、自主性に任せてくれて、感謝しているというのです。そして多くの学生が、裕福でない家庭でも、勉強をするうえで金銭的には、親はおカネを惜しまなかったというものでした。

ほかにもいろいろ、興味深いことが読み取れる調査結果を得ましたが、まず、9割の学生が「放任主義で育った」と回答していることに、興味を持ちました。これをそのまま読み取っていいものでしょうか?

一流といわれる大学生が対象だったために、もともと自主性に任せて大丈夫だった子どもだったのかもしれません。自主性に任せて大学受験が不首尾だった子どもの声は、くみ上げられていませんし、教育ママや教育パパの過干渉のせいで失敗した子どもの声もここでは出てきません。

逆に、親の敷いたレールの上を走ったおかげで合格できたという回答も、わずかですがありましたし、「放任」と子どもが感じていても、親のほうが子どもにプレッシャーを与えないように、周到に「放任」と見せかけて厚いサポートをしていた事例も、散見できました。

子どもの個性に合わせたきめ細かい教育が要求される以上、今回の調査結果も、あくまでも参考の域を出ないわけですが、一流といわれる大学の合格者による飾らない体験談は、成功体験であり、当世受験生事情がよくわかり、私たち親世代が受けた教育環境では、やや時代遅れであることを訴えています。

でも、彼らのアンケートをよく読むと、「放任」と子が感じていても、それは塾選びを自分に任せてくれたとか、「勉強しろ」とやかましく言われなかった、というものが多かったのです。

やかましく言う必要がないほど、頑張っていた子どもたちなのです。塾にも行かず、ただ気ままに遊んでいて、一流校に入った学生さんは、もちろん皆無でした。

このコラムの結論ですが、賢い子息を育てた親は、子どもにただ、口先だけで「勉強せよ」と強要するのではなく、自主性が育つように「なぜ、勉強をせねばならないか?」「誰のために?」「何のために?」という目的と理由が、普段からその家庭環境の中に準備されていたのではないでしょうか?

逆に言えば、(例外はあるでしょうが)上記のような家庭教育をしてこなかった親子にかぎって、「勉強せよ」だの「過干渉」だのと、親子のバトルが繰り広げられているのではないでしょうか。

「放任教育でこんなに優秀な子が育つなら」と方向転換を考えておられる方はいらっしゃらないと思います。深い親子の絆と自立心・責任感を持たせる家庭教育が根幹にあるわけで、それらは決して「放任」して育まれるものではないですものね。


何かをやるための理由をしっかり説明することが必要なようですね。しかし,一流大学に合格した人たちの体験談ですから,うちの子は違うという意見が出てくるかもしれません。


わたしが最近感じるのは「子育ては親の一方的な思いをあきらめることからスタートするのではないか」ということです。生まれたときに名前を決める時から子供には何らかの期待をしてしまいます。しかし,当然ながら期待通りの結果にはなりません。「この子はこの子なんだ」と思って,自分の思いをあきらめていく,そんな過程を今,歩んでいます。


これは子供に対して期待しないという意味ではなく,自分の自分勝手な思いをあきらめるという意味です。そうすると自然と子供に付き合える気がします。


今後,またいろいろな問題も出てくるでしょうが,親の思いを子供に押し付けずにしたいものです。





子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村