いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

息子の叱り方,どうする?

息子の叱り方,悩んでいる方も多いと思います。以下の記事で息子の叱り方について書いてありましたので紹介します。


息子を叱る時は「●●君ならできるよね」を加えると効果大


引用
■1. できるだけ主語を“私”にして伝える
たとえば、「なんで片付けできないの?」ではなく「お母さん、散らかっていると落ち着かないから片付けてくれると嬉しいな」と言ってみてはどうでしょうか。

■2. 具体的に説明する
たとえば、電車のなかで騒ぐ息子を「うるさい! 静かにしてよ」と一喝した場合、恐怖心からその場ではシュンとしたとしても、また別の機会には同じように騒いでしまうことでしょう。

この場合、落ち着いた声で「電車のなかでは疲れている人もいるから、静かに座っていようね」と話すほうが、よほど効果的です。

■3. ポジティブなメッセージをいれる
つまり「●●君ならできるよね」というフレーズを加えると、息子はお母さんの信頼・期待に応えようと頑張っちゃいます。


こういうやり方を見てくると,これは叱るではないことが分かります。そのため「叱らない育児」が勧められたりします。叱るというのはある種の感情表現ですから,しつけとは違うのかもしれません。冷静に具体的に指示していくことが求められているのでしょう。


しかし,そうは言っても感情的になりますよね。怒ってはいけないと思うことによって逆にいらいらすることがあります。そういうイライラをなくすためにリラックスする時間を設けた方が良いでしょうね。夫婦で相談して育児をしていきましょう!




子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村