いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

マタハラという言葉があるらしい〜週刊ダイヤモンドより

セクハラならぬマタハラというものがあるようです。職場の妊婦への無理解が原因であるようです。


セクハラより多い“マタハラ” 職場の妊婦への無理解が 流産招き少子化解消を阻む

引用
セクハラならぬ、“マタハラ”という言葉をご存知だろうか。マタニティ・ハラスメントの略である。働く女性が妊娠・出産にあたって職場で受ける精神的・肉体的な嫌がらせ、いじめを意味する。実はマタハラの被害はかなり多い。

連合(日本労働組合総連合会)が2013年5月におこなった「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)に関する意識調査」の結果は衝撃的だ。

 職場でマタハラをされた経験があるかという問いに対して、74.4%は「ない」と答えた。つまり、25.6%がマタハラを経験していて、これは連合が12年に行った調査での「セクハラされた経験」(17.0%)を大きく上回る。

 世間では広く認知されているセクハラよりも、マタハラの被害者のほうが割合が高いのである。調査の母集団も時期も異なるが、マタハラ経験者が少数派とは言えないことは確かだ。

 連合の調査では、妊娠経験者316人のうち9.5%が「妊娠中や産休明けなどに、心無い言葉を言われた」と答え、他にも「妊娠・出産がきっかけで、解雇や契約打切り、自主退職への誘導等をされた」(7.6%)、「妊娠を相談できる職場文化がなかった」(7.0%)、「妊娠中・産休明けなどに、残業や重労働などを強いられた」(4.7%)という回答が続く。

 さらに、厚生労働省によれば妊娠・出産などを理由とした解雇などの不利益な取り扱いを受けたという労働局への相談件数は、2004年度には875件だったが、2011年度には3429件に増えている。


みなが順調な妊婦生活を送れるわけではないですからね。それが原因で嫌がらせを受けることもあるでしょう。


引用
職場の男性、女性による「なぜ、あなたの仕事をカバーしなければならないのか」「妊娠したんだ。じゃあ、辞めるよね?」。

 こうした言葉は妊婦を傷つけるだけではない。

「権利を主張すれば職場で疎まれてしまう」

「妊娠のせいで自分の評価が下がるかもしれない」

「評価が下がれば出産し会社に復帰した後に別の職場に配置転換されてしまうかもしれない」

「妊娠が理由で退社には追い込まれたくない」

 そんな不安から、多くの女性が無理をしてしまう。なにしろ、働く女性が第一子を妊娠した場合、6割が退職している。自分のキャリアを終わらせたくない、あるいは、生活費のために働く必要があるという女性は、なんとか残り4割に踏みとどまろうとし、激務を続けることになる。 

 悪阻(つわり)がひどく電車に乗るのも精一杯な女性も、「今日も遅刻するんだ……」と上司に言われれば、吐き気を我慢して出社してしまうのだ。


これが原因で妊娠に踏み切れないという人は多くいます。実際に私の周りにもいますね。また,仕事復帰してすぐに第2子出産になるとけっこう居づらいようです。社会が妊娠・出産をサポートする体制でないといけないですね。







子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村