読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

婚活のプレッシャー

ニュース

結婚のプレッシャーは相当のものです。特に田舎は。私は幸運にも結婚できましたが、私の二人の弟はまだなので、結構なプレッシャーがかかっているようです…。


ずっと独身でいるつもり?


引用
「結婚したい」――。以前は、すごく素直にその気持ちを言葉にすることができましたが、最近、その言葉が言えません。

結婚している人はもちろんですが、周りの結婚したがっている女性は、すごく努力をしています。出会うための努力、相手に魅力的だと思ってもらうための努力、どういう人間か理解し、理解してもらうための努力……。

私も、それらの努力を人から学び、それなりにしてきたつもりでした。しかし、結果は惨憺たるもの。恋愛をし、傷ついて思うことは、たくさんありますが、最近は「私は、そもそも恋愛に向いてないんじゃないか」と思うようになってきました。

人には、得意、不得意があります。ひとりで生活していくことや、仕事をしていくことに関しては、私は、決して上手ではありませんが、なんとかできています。うまくできることもありますし、そういうときには自信を持つこともできます。

しかし、恋愛に関しては……。就職活動にたとえるならば、100社受けてまだ内定が出ていないような状態と言えばいいでしょうか。100人もの男性を好きになったわけではありませんが、1人に断られるだけでダメージは大変に深いです。

就職も同じだと思いますが、「結婚したい」と言っていると、「そんなことでくじけてどうする」「落ち込んでるヒマがあったら動かないと」「どこかに君を受け入れてくれるところは必ずあるんだから、それを探さなければ出会えない」と、松岡修造さんばりの励ましの文句を投げかけられることがあります。

確かにそれはそうでしょう。私も、就職活動に疲れ果てている学生さんに出会ったら、きっと同じようなことを言うと思います。「あなたに何かが欠けているから落とされるというわけではない、運や相性もあるし、決まるときはウソみたいに簡単に決まったりもする。必要以上に落ち込まないで、がんばって!」と。


確かに婚活と就活は同じかもしれませんね。我が弟も就活失敗してました…。一生同じ仕事、一生同じ女性、それがプレッシャーなのでしょうか。うちの弟も一回会っただけで性格が合わないかもと言って、断ってしまいました。もっと気楽に付き合えるといいのですが…。




子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村