いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

無痛分娩を考える

前にも書きましたが次の出産は無痛分娩を考えています。芸能人などでも多いですよね。以下,面白い記事がありましたので紹介します。

出産の「痛み」を和らげる手段が回避されてしまう理由


引用
少しでも痛みが和らぎ、リスクが低いなら何で5%と低い数値になっているのでしょうか、と聞いてみたところ以下の話をいただきました。

1. 出産とは痛みを通じて子供を授かることを理解する
都市伝説かと思いましたが、本当にこのような理由から 自然分娩を選択する(または周囲が勧める/強要する)ことが 多々あるそうです。

僕は出産をすることができませんが、陣痛から出産まで立ち会った ことも、妻と何度も話をしたこともあり、痛みの緩和ができる ならそれに越したことはないんじゃないかと思います。

痛みを伴わない出産は「駄目」なのでしょうか・・・

2. 分娩室での時間が長くなる(傾向)
一度も自然分娩をしたことがない場合、麻酔で身体の一部の 機能を緩和したとき、「いきみ方」と「その方向」がわからず 時間がかかる傾向にあるそうです。

逆にそれがわかっている 場合には、過度に麻酔が効き過ぎない限りにおいて、無痛/和痛 分娩は女性にとってはよいのではないか、と言われました。

3. 価格
付加価値となる選択なので、数万円?くらいは出産価格が あがってしまいます。これは選択に大きな決断を必要とします。僕も最初は「それって別料金?」と妻に聞いてしまいました。


現在,日本では無痛分娩が進んでいません。実際,海外では無痛分娩が主流で,私の知り合いは「私は日本人だから自然分娩をする」と言ったら,馬鹿にされたようです。実際に痛すぎて,途中で無痛分娩に切り替えたそうです。


また,日本の場合,24時間対応の施設が少ないのもあげられます。そういう施設では計画分娩になってしまいます。これでトラブルがあった人もいました。しかし,産後の回復力は全然違います。これはいろいろな人が言っています。


出産後の育児が大変なのだから出産は少しでも楽した方が良いのではないでしょうか?費用が少し高くなりますが(私の近くの病院は+10万円ぐらい。24時間対応です)。


以下,以前に作ったまとめです。リンク集になっているので参考までに。

無痛分娩ってどうなの?





子育てブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村