いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

仮面浪人が増加しているらしい

仮面浪人の数が増加しているようです。経済的な負担もあるのになぜ仮面浪人が増えるのでしょうか。プレジデント・ファミリーの記事を紹介します。


今年はおよそ4万人? 仮面浪人激増の理由


引用
いったん大学に入ったものの、納得がいかずに翌年別の大学に再挑戦――。こうした「仮面浪人」とも呼ばれる再受験生が急増しているらしい。朝日新聞が報じた駿台予備学校の推計によると、6年前に約1万7千人だった再受験生が、今春の大学入試では約3万8千人にのぼったとみられる。

「大学では最近、中退者の増加が問題になっています」と言うのは、進路づくりプロデューサーの倉部史記氏。毎年およそ6万人、大学によっては入学者の3割が中退するという。その相当部分が、他の大学を再受験しているわけだ。

経済的にも精神的にも負担が大きい仮面浪人が、なぜ増えたのか。

「最大の原因は、入学後の教育と学生本人のミスマッチでしょう」と倉部氏。大学の広報はとにかく志願者増を目標にしがちで、個々の志願者が本当に自校にフィットするかまではサポートしきれていない。受験生や保護者も、偏差値ランキングや学部名、現役合格の確実性などの表面的要素だけで、急いで志望校を決めたがる。


大学の教育内容を受験生が理解できるなんてことがあるのでしょうか?どのような研究室があるとか,その大学に近い生徒ならともかく,地方からの受験生は受験で初めて大学を見るという場合が多いのではないですか?


こういうミスマッチのために,再度受験するのではなく,編入ができるようにしていくべきではないでしょうか。詳細に考えて大学を選んだとしても実際とは違ったということはあり得ます。入試制度そのものを変えていくべきでしょうね。



受験に関するブログが他にもたくさんありますのでご参照ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村