いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

イクメンもつらいよ!

イクメンもつらい!そんなデータが出ています。


子育て世代男性は長時間労働 少子化白書「見直しを」(47news)


引用
政府は25日午前の閣議で、2013年版「少子化社会対策白書」を決定した。週60時間以上の長時間労働をしている男性の割合を世代別に見ると、子育て世代の30代男性が5人に1人で最も高いと指摘。育児への参加が進んでいないとして、少子化対策の観点からも長時間労働の抑制や働き方の見直しが必要だとしている。

 12年に就業時間が週60時間以上の男性雇用者の割合は30代が18・2%で、40代の17・5%、50代の12・9%と続いた。

 厚生労働省の調査では、男性の育児休業取得率は2・63%と低水準。白書は対策として、男性の育休の取得促進や意識改革などを挙げている。


週60時間以上労働したら子育てなんてできないですね。これは辛い…。その分女性も一人で子育てするわけですから大変ですね。なんとかならんもんですかねえ…。


ちなみに少子化社会対策白書のアドレスは以下の通りです。


平成25年版少子化社会対策白書 概要版(PDF形式)


イクメンプロジェクトというのもやっているようですね。

イクメンプロジェクト


引用
目的
2009年、男性も子育てしやすい社会の実現に向けて育児・介護休業法が改正されました。「パパ・ママ育休プラス」制度の導入等をはじめとする新制度が2010年6月30日に施行、男性が育児休業を取得しやすい環境づくりへと大きな一歩を踏み出しています。
「イクメンプロジェクト」はこのような制度見直しと合わせ、社会全体で、男性がもっと積極的に育児に関わることができる一大ムーブメントを巻き起こすべく、2010年6月に発足しました。プロジェクトの内容・実施方法などについて協議するため、各分野の有識者等で構成される推進チームを設置し、育児を楽しんでいる・これから楽しみたいイクメンの皆さん、ご家族や企業・自治体等イクメンサポーターの皆さんとともに、時代を牽引していきます。


ホームページを見るとすごいことになっていますね…。公式ツイッターもあるのか…。こういう啓発活動って必要なのでしょうか?社会制度について議論するのが行政の役割だと思いますが…。それとも案外,イクメンかっこいいとなるのでしょうか?




ランキング向上にご協力ください。今後の更新の励みになります。よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村