いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

幼稚園の民営化は撤回?〜橋下改革の行方

幼稚園の民営化を叫んでいた橋下市長ですが,一部は公立として残すなどトーンダウンしているようです。


橋下市長、幼稚園民営化トーンダウン 保護者らの強い反発受け(産経ニュース)


引用
私立からも市立必要論

 今月10日に淀川区役所で行われた市立、私立の幼稚園長や保護者が参加した意見交換会。

 「市立が民営化や廃園になれば、(子供を市立に行かせたい保護者の)選択肢が奪われる」

 こう訴える市立側の保護者に対し、私立側の保護者からも「市立の選択肢は必要だと思う」と同調の声があがった。

 保護者たちが最も不安視しているのが、私立の障害児の受け入れ態勢だ。障害の程度にかかわらず受け入れを行う市立に対し、私立は園によって基準がさまざま。市幹部も「障害児の受け入れは最大のポイント」と話す。

 保護者らの強い懸念に直面し、完全民営化を進めようとしていた橋下市長もトーンダウン。27日の委員会では、「公の役割がみえてくれば、(市立を)残すこともある」とも発言した。


公立の役割は障害児クラスだけなのかな?また民営化した場合,料金はどうなるのでしょう?横浜市の場合,市立の幼稚園はありません。そのために私立幼稚園に通っている人に助成金を出しています。


幼稚園と保育園の違いは親が就業しているかどうかですから,就業できず保育園に預けられず,私立は金銭的に余裕がない人には市立幼稚園は必要でしょうね。ちなみに横浜市に市立幼稚園がない理由は以下のホームページにあります。ご参考までに。


横浜にはなぜ市立の幼稚園がないの?(べるつくさんのキニナル)



ランキング向上にご協力ください。今後の更新の励みになります。よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村