読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

エリート教育とお金の関係

中学入試関連

日本の大学ではなく海外の大学を選ぶ。そんな生徒が増えているという話は前にしましたが,東洋経済にも同様の記事がありましたのでご紹介します。

エリート教育とおカネ

引用
ゆとり教育に将来不安 「中高一貫校」人気の背景

 ごく一握りのエリート予備軍は、すでにグローバル化を見据え、行動に移し始めた。ただ、大多数の生徒は、激変する世界の潮流とは無縁の生活である。留学離れなど「内向き」志向は進むばかりだ。

 若者の学力低下が懸念される日本。学校に完全週5日制を導入し、学習内容を3割減らす“ゆとり教育”が始まったのは02年である。他方で少子化も進み、18歳人口は1992年の205万人から、12年には119万人まで激減。大学は「全入時代」へと突入した。

 そうした中、優秀な生徒を集めたのが、私立の「中高一貫校」だ。6年間かけて勉強させるプログラムが見直され、難関大学への進学実績を積み上げていく。さらには公立でも一貫校の開校ラッシュが続いた。東京都立の小石川や白鴎、桜修館などでは、毎年5人前後の東大合格者を着実に輩出している。子を中高一貫校に入れるため、小学校低学年から受験対策を始めるなど、勝ち組になるための努力は尽きない。

 森上教育研究所の森上展安社長は「同じアッパー層でも、グローバル志向なのは、生徒の父親が商社や国際企業勤めのケース。反面、国内で東大を目指すのは、親が医者や弁護士などの資格業種」と苦笑する。


グローバル志向って無条件で良いとされているのがよく分からないですね。しかも海外の大学にいれるために小学校受験まで考えるとなるとね。本当は勉強したくないのに親に強制的に受験させられている人たちをたくさん見てきた人間としては,あまりに「子供のため」となってしまうのもいかがなものかと思ってしまいます。


こういう議論をしている人たちって教育格差をどう考えるのかと思いますよ。むしろ日本の大学をどうすべきかを議論してほしいと思いますが。




ランキング向上にご協力ください。今後の更新の励みになります。よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村