いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子供の声は騒音?

以前にも子供の声がうるさいという問題について紹介しましたが,今回は日本の保育園の問題です。

園児の声に苦情 幼稚園が1千万円かけ3mの防音壁


引用
東京23区内にある私立の認可保育園は、周辺民家の苦情が訴訟に発展している。発端は2006年秋、園を新設する際の説明会で複数の住民に反対されたことだ。開園までの4カ月の間に計10回、説明会を繰り返し、楽器の使用は室内に限定する▽必要な時以外は窓を閉める▽外遊びの時間は1クラス45分に限定する、などと取り決めた。

 だが住民側は納得せず、保育園側は区の提案で、園庭と民家との間に、高速道路で用いられている高さ3メートルの防音壁を約1千万円かけて設けた。それでも開園直後から連日、「子どもたちが45 分以上、園庭に出ている」といった電話が数十分おきにあったという。

「(環境基準値である) 45 デシベル以上の騒音は出すな」

 という住民に対し、

「それは子どもを外に出すなということと同じ」

 という園の主張は折り合わない。民家に二重窓をつける費用を園側が負担する妥協案も受け入れられず、最終的に今年8月、住民側が提訴に踏み切った。


こういう状況では待機児童解消とかできないのではないかと思いますね。夜の話ならまだしも,日中でこのように騒音扱いされたら,保育園としてはどうしようもありません。

引用
だが一方で、地域住民の理解を得ることに成功した例もある。

16年前、保育園移転の際に根強い反対運動に遭ったものの、時間をかけて地域に根づいていったききょう保育園(東京都町田市)がそうだ。

「当時はまだ親が家で子どもを育てるのが当たり前という人もいて、『保育園なんて子どもを放っておいて働く勝手な親たちの迷惑施設』などという衝撃的な意見もありましたね」

 と理事長の山田静子さん。

「子どもの姿を見たくない」という声を受けて民家と隣り合う壁には窓を作らず、出入りする車の台数を常にチェックされていることから、当時まだ珍しかった保護者専用の駐車場を設け、「乳児の泣き声がうるさい」と言われれば植栽をするなど、さまざまな工夫を重ねた。

 言い訳は絶対しない。その代わり、山田さん自ら町内会や反対住民と積極的にかかわり、餅つき大会や交流会を開いては、園で用意した食事を配って歩いた。保護者には、送迎時には交通ルールを守ることを徹底して求めた。数年たって反対運動にかかわる住民にこう言われた。

「本当は子どもたちの声なんて、そんなに聞こえないのよ」


最後の言葉がこの問題を物語っていますね。結局気に食わないということで,理由は後付けなんですね。保育園側の努力には頭が下がります。繰り返しになりますが,こういう状況では予算を確保しても保育園を作れないのではないかと思ってしまいます。みんなで子供を育てる社会になってくれるといいのですが,そういう意識の問題にしても何も解決しません。政治の役割が問われています。