いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

杉並区は教育熱心?

教育熱心で有名な杉並区に関する記事がありました。確かに中学入試に関してもこだわりがある人が多いようです。


杉並区は教育熱心? 公立小の学習内容で引っ越す親も〈AERA〉


引用
都内に住む自営業の女性(36)はマンションの契約更新に合わせて、3年生だった娘の通う公立小の学区内の賃貸に引っ越すつもりだった。しかし昨秋から学校に対して不信感が募っていた。

「高学年のクラスを見学すると、授業中にトイレやロッカーに行くという理由で立ち歩く児童がいる。すでに塾で習っている内容のせいか、おしゃべりも多くて授業が成立していなかったんです」

 女性が住んでいた区は中学受験が盛んで、高学歴な保護者も多い。今年も6割以上の児童が、地元の公立中学ではなく受験した中学に進学した。しかし娘は中学受験をしない。塾に通わない子は少数派だからといって、学校の勉強をおろそかにはしてほしくなかった。

 そんな時、耳に入ったのが「小学校には区が採用した熱心な先生が多く、公立の中学もレベルが高いエリアもあるらしい」という杉並区の噂。転校を視野に物件を探し始めた。結局は別の区に引っ越したが、未練はある。


確かに塾で勉強してしまうと学校の勉強はおろそかになってしまうかもしれませんね。しかし,最近は公立中高一貫校があり,内申点も関係してくるので学校での態度も変わるのかもしれません。


最近,学級崩壊もあると聞いていますから学校の先生は本当に大変ですね。もう少し学校が自由にできる部分を増やすことができれば先生もいろいろな授業が展開できると思います。文科省には権限を移行してほしいものです。




ランキング向上にご協力ください。今後の更新の励みになります。よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村