いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

女の幸せは出産?(日経ビジネスより)

女性の幸せって何でしょう?またそのために企業は何ができるのでしょう?そんな記事がありましたので紹介します。


「女の幸せは“出産”にあり?!」 すれ違う男と女の幸福学 「幸福経営」に学ぶ社員の幸福度の高め方


引用
2代目社長の彼が口にした疑問

 「会社の成長には、若い社員を採用し育てていくことも大事だけど、今ある資源というか、今いる社員に最大限の投資をしなきゃダメだ思うんだよ。経営学だのマネジメントだの、いろいろと勉強はしてるんだけど、なんかこうストンと落ちるものがなくて。女性社員が多いから、余計そう感じるのかもしれないけど、今の女性に対する施策って育休とか産休に偏り過ぎてないかなぁ、なんて思うこともあってね」

 「実際、うちの会社では結婚していない女性も多い。結婚もしていないのに育休も産休もないでしょ。やっぱり何やかんや言って、女性は難しい。それにちょっとでも込み入った話を聞くと、セクハラになってしまうでしょ。女性たちは、どんな働き方をしたいって思っているのかな? 実際には女性だけじゃなくて、男性も、年配のベテランの社員たちも、幸せだって思える経営がしたい。何か青臭いことを言ってるけど、幸せな会社にしたいんだよ。あ〜、やっぱりオレってまだ青いのかな…。何だかシャキッとしないね」

 以上が、彼が私に話してくれたことである。

「アベノミクスの実態がだんだんと見えてきて、迷っている経営者って多いんじゃないですかね」。先日、経営者向けに行った講演会の際に、1人の経営者の方がこう話してくれた。つまり、期待したほど中小企業には恩恵がなかった、と。自分たちがこれまで守ってきたものを、どうするか? 従業員の賃金を、どうすべきか……などなど。それまで潜在的にあった問題が浮き彫りになり、競争に食い込むか、あるいは独自路線でじっくりいくか。そんな迷いを抱えているトップは多いのではないか、ということだった。

 そして、恐らく冒頭の知人もまた、迷っていたのだろう。

 「幸せだ」と思える会社で、社員の生産性を高める経営。そのために自分ができることは何か?

 産休・育休制度はホントに社員を幸せにしているのか? 男性社員にも勧めたりということも、やったりしているのだそうだが、もっとほかにもできることがあるんじゃないか? 視野狭窄になってはいないか? 

 これらの問いの答えに対するヒントが欲しくて、「やっぱり女の幸せっていうのは、子供を産んで育てることなんですかね?」なんて質問を、私に向けたというわけだ。


確かに育休・産休制度は結婚し出産をする人に対しての政策ですね。そしてそれが出産のインセンティブをもたらすのではないかと思います。しかし,社員は結婚・出産を目的にしている人だけではないですし,男性社員もいます。

引用
イクメンの方が幸せ度が高い、という点に着目すれば、「育休・産休」制度を充実させ、男性社員にも積極的に勧めることは、「幸せ度」を上げる。

 女性は末子が未就学でも、6割近くが「働きたい」と望んでいるので、3年育休とか期間にこだわるのではなく、「復職したい」と願ったら、在宅であれ、時短であれ、仕事をしてもらう制度や受け入れ態勢を整えた方がいい。

 男女とも「良きパートナー」を得ることが幸せ度を上げる可能性が高い、という点に着目すれば、社内部活とか、社内サークルのようなものを積極的に作り、「社活で婚活!」なんていうのもありかもしれないし、恋愛休暇とか、婚活早退とか、「素敵な愛を育んでください」的な制度もありではないかなどと、真面目に考えたりもする。

 また、経済的な不安を抱えている男性社員が多い点に着目すれば、「資産運用セミナー」とか、「老後に必要な資金」だとか、リテラシーを高めるセミナーの開催なんていうのも、幸福度につながる可能性もある。


アンケートの結果も踏まえると以上のようになるようです。それを会社がすべきかどうかというのが問題ですが,最近は幸福度を上げる経営というのも注目されているようです。これは男性社員・女性社員を区別する必要はありません。


引用
サイエンス・オブ・ハピネスでは、人の幸せを、瞬間的な心の状態ではなく、持続する精神的な充足感だと考える。

具体的には
・自分で自分をコントロールできている
・進歩を感じ、自分が成長している
・他者とのつながりがある
・自分の存在意義や、自分のやっていることに意味を見いだせる
といった4つの感覚を得ることの重要性を訴える。

 つまり、賃金を上げたり、ボーナスを上げたりするなど、ニンジンをぶら下げれば瞬間的な幸福感は増す。だが、瞬間的なものは冷めるのも速い。生産性を向上させるためには、持続的に精神的に満足できる環境を作り、そういう「幸せな環境」が自分の周りにあることに、常に気づかせることが大事だとしたのである。

 例えば、ザッポスでは自分たちの会社の価値や文化が、自分にとってどんな意味があるかを社員全員に書いてもらい、「ザッポス・カルチャー」という冊子にまとめ、「自分の存在意義や、自分のやっていることに意味を見いだせる」感覚を高めた。また、「コントロール感」を意識させるために、志願すれば受けられるスキル研修を設け、その研修をいくつかクリアすると、少しだけお給料がアップするといった工夫をしている。

 日本でも、「幸せな会社」として知られる未来工業の、提案を出せば500円、いい提案なら最高3万円を支給する「改善提案制度」などは、コントロール感につながるし、いい提案と認められれば、自分の存在意義を感じることもできる。

 つまり、幸福経営とは、トップの知恵と工夫を最大限に生かす経営手法。4つの幸せを構成する4軸を基に、社員を思いやり、会社の体力や財力に合わせて“幸せの種まき”をしていく手法なのである。「カネ、カネ、カネ」じゃなく、「ヒト、ヒト、ヒト」で幸せになる。そういう会社が増えれば……、ホントにいいなぁと心から思う。

 そして、働く社員たちも、文句ばかり言うのではなく、人とのつながり、社会との関わり、生命の尊さ。それらの大切さに気づくしなやかさを持つことも忘れちゃいけない。自分の日常の、自分の周囲の環境にある“幸せ”の種に気づかない限り、幸せになれはしない。

 そのしなやかさを持てない人たちが、幸せそうにしている人に“刃”を向けるのだ。


ブラック企業の逆をやれば良いんですね。考えてみれば社員が幸せでない会社が客を満足させることができるのかというのはあります。だって社員はやる気がないんですから。そういう意味では塾業界はブッラクな面があるので,離職率も高く,子供たちを幸せにしていないのかもしれません。


社員が幸せであれば会社も成長する。それは金だけの問題でもないですし,まして精神論ではどうにもなりません。某居酒屋チェーン社長にはよく考えてほしいものです。



ランキング向上にご協力ください。今後の更新の励みになります。よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村