読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

日本版MBAってどうなの?

アメリカの真似をして日本でもMBAがたくさんできましたが,実際のところはどうなのでしょうか?日経Bizの記事がありましたので紹介します。

東は慶大院、西は京大院 ともに2年連続で首位 通いたいビジネススクール 2013年調査 日経・日経HRが実施


引用
「知名度」が基準に

 調査は、東日本と西日本のそれぞれで通ってみたい国内の大学院(経営学修士=MBA=または類するコース)を1位から3位まで選んでもらい、1位は3点、2位は2点、3位は1点を配点して総合点でランキングした。

 その結果、首位は東日本が慶應義塾大学大学院の経営管理研究科(1477点)、西日本は京都大学大学院の経営管理教育部(1753点) となった。

 東西の首位となった両校を選んだ理由をみると、慶大院経営管理研究科は、「知名度が高いから」が46.9%と最も多く、「企業から評価されている」が23.7%、「ビジネススクールとしての歴史がある」が20.3%で続いた。

 一方、京大院経営管理教育部については、やはり「知名度が高いから」が56.7%でトップだった。以下、「卒業生が優秀だから」が20.8%、「企業から評価されている」が13.9%となった。

 東日本の2位は早稲田大学大学院商学研究科(1048点)、3位は一橋大学大学院商学研究科(841点)が続いた。

 西日本の2位は神戸大学大学院経営学研究科(1200点)、3位は同志社大学大学院ビジネス研究科(688点)の順だった。

 トップ3は、東日本で前年6位から3位にランクアップした一橋大院を除いて、前年と同じ大学院が同順位となった。選んだ理由をみると、首位と同様に「知名度」を挙げた回答者が多い。


知名度が優先されているようですね。それが企業でどの程度評価されているのでしょうか?


引用
世界の人気校ランキング、首位は米ハーバード大経営大学院

 グローバルに活躍できる人材へのニーズの高まりを受け、海外のビジネススクールに関心を持つ人もいるだろう。

 今回の調査では、国内外のビジネススクールの学費を社費や無償の奨学金でまかなうことができ、各国・地域の生活費もほぼ同じだと仮定して、1〜3位までを選んでもらい、1位に3点、2位に2点、3位には1点を配点して総合点を集計した。

 その結果、米ハーバード大学経営大学院が2635点で首位に立った。選んだ理由は「国際的なランキングで評価されている」が46.9%と最も多く、「知名度が高いから」が38.0%、「卒業生が優秀だから」が29.7%となった。

 2位には米スタンフォード大学経営大学院が1433点で入った。選んだ理由は首位のハーバード大院と同じく「国際的なランキングで評価されている」が最も多く43.8%を占め、「知名度が高いから」が37.9%で続いた。3位は米マサチューセッツ工科大学スローン校で896点だった。

 日本勢では、慶大院経営管理研究科が413点で4位に入り、早大院商学研究科が342点で5位につけた。9位には京大院経営管理教育部(284点)、11位には一橋大院国際企業戦略研究科(233点)が入っている。


日本のMBAってそんなに評価が高いのでしょうか?ちょっとよく分かりませんね。これはぜひ皆さんの意見を伺いたいものです。私の周りにはいませんので。





ランキング向上にご協力ください。今後の更新の励みになります。よろしくお願いします
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村