いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「情けは人のためならず」は本当だった

「情けは人のためならず」ということわざがありますが,これは事実のようです。NHKの記事がありましたので紹介します。


親切な子“親切にされやすい”


引用
大阪大学大学院人間科学研究科の大西賢治助教などの研究グループは、大阪府内の5歳と6歳の保育園児70人を対象に、日常生活での行動を観察しました。
その結果、子どもがほかの子どもにおもちゃや絵本を貸してあげたり、物を運ぶのを手伝ってあげたりと親切な行動をした場合、その様子を間近で見ていたほかの子どもが、親切にしていた子どもに同じように親切にしてあげる回数は、1時間当たり5.58回という結果になりました。
ふだんの生活では、1時間当たり0.47回のため、親切にした場面を見た場合は、10倍以上に上ります。
研究グループは「幼いころから、人に親切にする姿を高く評価する気持ちが芽生えている」と分析し、親切にすればやがては自分のためになるという意味の「情けは人のためならず」ということわざを裏付ける結果だとしています。
大西助教は「親切が親切を呼ぶ仕組みは、ヒトが進化の過程で人間関係を築き、協力して生き延びるために身に着けてきたのではないか」と話しています。


人に親切にすることで他の人から親切にされているようですね。こういう仕組みがそのまま大人でも実践されているのかという疑問はありますが,子供時代にこのような経験をしていけば大人になってからも,人に親切にできるのかもしれませんね。


我が息子もにも同じように人に親切にできる子供になってほしいものです。


10代の子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

10代の子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)